東京オリンピックで注目のスポーツクライミングとは?日本代表&注目選手まとめ!

東京オリンピック2020の追加種目として注目を集めている「スポーツクライミング」

アウトドアブームもありクライミングジムも多く見かけるようになってきましたね。

ただクライミングは日本ではまだまだマイナーなスポーツ。
「クライミング」ってなに?「ボルダリング」という言葉も聞くけど違うの?
という方も多いんじゃないでしょうか。

ここでは東京オリンピックの追加種目として注目を集めているスポーツクライミングについて。
そして日本代表選手やクライミング界で注目の選手をご紹介していきます。
アイキャッチ画像出典:https://www.ifsc-climbing.org




Sponsored link

スポーツクライミングとは

スポーツクライミングとは「フリークライミング」が進化しスポーツ性、競技性が強調されたものになります。

「フリークライミング」とは道具に頼らず、自分の体力や技術をつかって岩を登るスポーツ。室内では、岩でなく人工ホールドが取り付けられた壁を登ります。

そしてこのフリークライミングは大きく2つに分けることができます。

「ロープクライミング」「ボルダリング」

ロープクライミングとは

「ロープクライミング」は、5m以上の高い壁や岩に登るため、落下に備え、登る人(クライマー)の体にロープを付け、地上で支える人(ビレイヤー)2人1組で行われるスポーツ。
この「ロープクライミング」は「リードクライミング」「トップロープクライミング」に分けられます。

「リードクライミング」は、登る際、自分で壁や岩に設置された支点にロープを掛けながら登るスタイル。

引用:http://www.gravity-research.jp/
数メーター墜落をすることも多いため かなりの経験が必要のようです。競技においては登る高さ競います。

「トップロープクライミング」はトップ=ゴール付近にロープが予め掛けられており安全を確保しながら登るスタイル。

引用:http://www.gravity-research.jp/
そのため初心者でも比較的楽に登ることができます。競技においては登るスピードを競います。

ボルダリングとは

「ボルダリング」は5m未満の壁に取り付けられたホールドと呼ばれる出っ張りに手や足を掛け、ロープを使わないで登るスタイル。

「課題」と呼ばれるさまざまな難易度のコースが設定されており、ホールドのつかみ方、移動方法などをイメージしながらクリアしていくのでパズルゲームのような感覚。
必要なものはクライミングシューズとチョークバックだけで、筋肉だけで登るわけではないので年齢、性別問わず楽しめるスタイル。

競技においては、設定された複数の課題を制限時間内にいくつクリアできるかを競います。

日本のクライミング界注目の選手

最近、日本中でボルタリングジムを多く見かけるようになり、テレビなどでも取り上げられるようになってきましたね。

さすが東京オリンピック新種目なだけあって影響力大ですね!

日本ではここ数年で知名度が上がってきてたスポーツですが、日本は世界屈指のクライミングの強豪国なんです!!

女子では野口啓代選手がワールドカップ2年連続で年間優勝を決め、続く野中生萌選手も2016年年間優勝!

さらに2013年のリード競技、2014年のボルダリング競技で、スポーツクライミング日本代表チームは世界ランキング1位を獲得!

男子では2016年楢崎智亜選手がワールドカップボルダリング部門年間優勝を達成!

そんな強豪国日本での、男子女子日本代表選手や注目選手をご紹介!




Sponsored link

女子クライミング注目の日本代表選手

icon-check-square-o野口啓代(のぐちあきよ)
生年月日:1989年5月30日
身 長:165cm
出 身:茨城県
小学5年生からクライミングを始め小学校6年生で出た全日本ユースでは、中高生を押しのけて優勝し天才少女の出現と話題に!
2008年には日本人女子初となるワールドカップチャンピオンに!実力とその容姿からビ出演も多く、美人アスリートとしても注目の選手。

icon-check-square-o野中生萌(のなか みほう)
生年月日:1997年5月21日
身 長:162㎝
出 身:東京
9歳からクライミングを始め、ワールドカップ初出場で2位に輝き、注目の若手選手。
2016年遂にボルダリングワールドカップ優勝に輝きました!

icon-check-square-o大場美和(おおばみわ)
生年月日:1998年3月7日
身長:164cm
身長:愛知県岡崎市
学校を登る動画で一躍注目が集まったクライマー。当時は高校生でしたが2016年4月からはフェリス女学院の大学生に。
その可愛さから人気も上昇中!次世代を担うクライマーとして㈱タマディックがスポンサーに。

icon-check-square-o尾上彩(おのうえあや)
生年月日:1995年9月20日生まれ
身長: 158 cm
出身:埼玉県川口市
10歳の時、クライミングに出会い、2歳の時からやっていた水泳や器械体操を止めて、すぐに競技をフリークライミング一本に。
2007年の日本選手権では見事優勝。最年少優勝記録を更新し注目選手に。2015年ボルダリング世界ランキング12位

icon-check-square-o田嶋あいか(たじまあいか)
生年月日:1998年9月13日
身長:154cm
出身:三重県津市
ボルダリングジャパンカップ2015。若干17歳での優勝!2013年世界ユース優勝を経て、その後2014年クライミング日本選手権を優勝。
同年ジュニアオリンピックカップも優勝しており、次世代を担う若手クライマーとしてはモンスター級!

icon-check-square-o小林由佳(こばやし ゆか)
生年月日:1987年12月29日
身長157cm
出身:茨城県那珂郡東海村
7歳でクライミングを始め10歳でジャパンツアーに参戦。史上最年少優勝を果し、ワールドカップにも出場するトップクライマー。

icon-check-square-o大田理裟(おおたりさ)
生年月日:1993年1月27日
身長:161cm
出身:44㎏
リード種目を得意とし、「ミライ☆モンスター」でも取り上げられた将来有望なクライマー。お父さんの影響で始めたクライミングは2015年リード種目世界ランキング6位と優勝を狙える位置に!

注目のクライミング男子日本代表選手

icon-check-square-o楢崎智亜(ならさき ともあ)
生年月日:1996年6月22日
身長:170cm
出身:栃木県
高校卒業後プロ転向。プロ2年目にワールドカップボルダリング部門で日本人初となる優勝を成し遂げ、
2016年ボルダリング部門年間チャンピオンに!
東京オリンピックでのメダル候補に!

icon-check-square-o藤井快(ふじい こころ)
生年月日:1992年11月30日
出身:静岡県
2016年クライミングワールドカップで2大会で優勝するなど日本のトップクライマー。

icon-check-square-o杉本怜(すぎもと れい)
生年月日:1991年11月13日
身長:170cm
出身:北海道札幌市

icon-check-square-o中野稔(なかの みのる)
生年月日:1983年10月6日
出身:広島県
リード種目を得意とするがボルダリングでも成績を残しており、総合成績で順位を決定する東京オリンピック出場に一歩リードか?

icon-check-square-o堀創(ほり つくる)
生年月日:1989年11月2日
身長:170cm
出身:宮城県

icon-check-square-o緒方良行(おがた よしゆき)
生年月日:1998年2月4日
身長:169cm
出身:福岡県久留米市
イタリアで開かれたスポーツクライミングの世界ユース選手権ボルダリング部門で初優勝。

icon-check-square-o是永 敬一郎(これなが けいいちろう)
生年月日:1996年2月16日(20歳)
出身:埼玉県
リード種目では成績を残している選手。

クライミング界で注目の日本人

icon-check-square-o白石阿島(しらい しあしま)
アメリカ/ニューヨーク在住。
ボルダリング全米ジュニア選手権4連覇を達成した天才少女クライマー。
6歳からクライミングを始める010年度から2014年度までボルダリング全米ジュニア選手権で5連覇中。またクライミングのコンペでも最年少記録を多数保持している。
もしかしたら、日本人として東京オリンピック参戦!なんてことも!

icon-check-square-o伊藤ふたば(いとう ふたば)
生年月日:2002年4月25日
出身:岩手県盛岡市
身長:160㎝
2017年ボルダリング・ジャパンカップで史上最年少優勝!野口啓代選手、野中生萌選手など実力者も出場していた大会。
その実力は本物です!まだ日本代表入りはしておらず、ユース代表。

icon-check-square-o平山ユージ(ひらやまユージ)
本名:本名は平山裕示(ひらやまゆうじ)
生年月日:1969年2月23日
身長:173㎝
体重:65㎏
10代で国内トップとなり渡仏、欧州のトップで20年以上活躍。世界一美しいと評されるクライミングスタイルで「世界のヒラヤマ」として知られる。
1998年ワールドカップでは日本人初のシリーズ総合優勝を達成し、世界の頂点に登り詰めた。
2度目のワールドカップ総合優勝を飾った2000年は年間ランキングも世界第1位に輝く。

世界中の岩場を戦場として世界を転戦しているプロ・フリークライマー。

>最後に

ボルダリングは、特別な器具は必要なく年齢性別も関係なく、誰でもすぐに始められること。

そして全身運動で、体幹が鍛えられるのでスポーツジムでのトレーニング代わりに、身体を引き締めたい人にとって、うってつけのスポーツ。

東京オリンピックで正式種目に採用され、日本人選手の活躍が期待できます。

一気に日本中にクライミング旋風が巻き起こりこうですね!





Sponsored link