世界陸上2017男子マラソン日本代表選手は?テレビ放送予定や日程も!

日本中を熱くしてくれたオリンピックから早や1年。

また熱い夏がやってきます!第16回目を迎える『世界陸上選手権大会2017』、通称『世界陸上2017』

ここでは、注目競技の一つ、男子マラソンの競技日程やテレビ放送予定、日本代表選手についてご紹介!

情報は決定し次第随時更新していきますのでお楽しみに!

追記:日本人選手結果 → 6番の項目へ!





Sponsored link

世界陸上選手権大会2017の開催国や会場

世界陸上競技選手権大会(IAAF World Championships in Athletics)は奇数年の8月~9月に開催される世界最高峰の陸上競技大会。

第1回大会は1983年、ヘルシンキで開催された比較的新しい大会ですが、参加国は200ヵ国を超え、出場選手は2000人近く、オリンピックよりも参加国や地域が多く、まさに世界最高峰の陸上競技大会となっているようです。

世界陸上2017の開催地は、イギリスのロンドンにあるロンドン・スタジアム(旧オリンピックスタジアム)。
2012年ロンドンオリンピックのメイン会場ですね。
ロンドンアリーナ

世界陸上2017男子マラソンの日程

世界陸上2017の開催日程:2017年8月4日(金)~13日(日)
男子マラソン:8月6日(日)18:55分スタートが予定されています。

世界陸上2017男子マラソンのテレビ放送予定!日程や時間は?

TBS系列8月6日(日)18:55頃~

世界陸上2017男子マラソン日本代表要件や選考レース

【内定条件】選考レースで日本人1位の成績を納め、参加標準記録の有効期間中に派遣競設定記録を満たした選手。

【選考レース】

・第70回福岡国際マラソン選手権大会(2016年12月4日)
・東京マラソン2017(2017年2月26日)
・第72回びわ湖毎日マラソン大会(2017年3月5日)

【派遣設定記録】2時間07分00秒

要は、上記いずれかのレースで日本人1位を納め、そのタイムが2時間07分00秒以内であれば代表即内定となります。

また内定条件を満たす選手がいない場合、上記選考レースで日本人3位以内、又は第66回別府大分毎日マラソン(2017年2月5日)で日本人1位の選手の中から選考競技会が、それぞれの大会での記録、順位、タイム差、気象条件など総合的に考慮し決定されます。




Sponsored link

世界陸上2017男子マラソン日本代表選手!

東京マラソン、びわ湖毎日マラソンを残していますが、東京マラソンの昨年日本人1位は高宮祐樹選手でタイムは2時間10分57秒,びわ湖毎日マラソンは北島寿典が日本人トツプでタイム2時間09分16。

派遣設定記録:2時間07分00秒をクリアするのはかなり高いハードルとなりそうです。

選考レースの成績をもとに、選考競技会が総合的に判断し決定される可能性が高そうですね。
そうなると気になるのが選考レース結果。

選考レース結果

【福岡国際マラソン選手権大会(2016年12月4日)】
日本人1位(全体3位):川内優輝 タイム:2時間09分11秒
日本人2位(全体4位):園田 隼 タイム:2時間10分40秒
日本人3位(全体10位):前田和浩 タイム:2時間12分19秒

【別府大分毎日マラソン】
日本人1位(全体1位)中本健太郎 タイム:2時間09分32

現段階では川内優輝選手や中本健太郎選手が有力候補として一歩リードといったところでしょうか。
但し残りの2レース。気になるのはやはり箱根駅伝で5度区間賞を獲得している東洋大学卒の服部勇馬(はっとり ゆうま)選手。
マラソンの自己ベストは初めて挑んだ東京マラソン2016。タイムは初めてのマラソンにも関わらず、2時間11分46秒と好タイム!

東京オリンピック2017も招待選手として出場する予定です。

今後走る度に記録が伸びて代表入り!

なんてことも起こり得るかもしれれませんね。

【世界陸上2017男子マラソン日本代表】

・井上大仁(MHP)

井上大仁の高校大学での成績は?強さは妄想力?東京五輪勝利宣言か

2017.08.03
・川内優樹(埼玉県庁)

川内優輝の驚きの経歴!強さの秘密は独自の練習量や練習方法に!

2017.08.05
・中本健太郎(安川電機)

日本人選手の結果は?

川内選手、転倒&給水失敗にもめげず、自己最高の9位!!

▼川内優輝選手:2時間12分19秒
日本人トップの自己最高9位フィニッシュ。
途中トップと9秒差に付けるも、転倒そして給水失敗などアクシデントに見舞われ苦悶の表情を見せながらも粘りの走りを見せた。

▼中本健太郎選手:2時間12分41秒 10位

▼井上大仁選手:2時間16分54秒 26位

金メダルはケニアのジョフリー・キルイ。記録は2時間8分27秒





Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。