平昌オリンピックスケルトンの日程や日本代表は?放送予定や種目解説

4年に1度の冬季スポーツの祭典、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)が2018年2月9日より韓国は平昌で間もなく開催されます。

平昌オリンピックで行われる種目数は102。
その中に氷の滑り台を時速130km前後で頭から滑走するという超危険な競技があるのをご存知でしょうか?

その名も「スケルトン」です。
http://kaitorijos.com/topic/wp-content/uploads/2010/03/20100219_0697-sports-reu-view-0001.jpg
今回は平昌オリンピックスケルトンの日程や日本代表をご紹介し、放送予定や種目解説を行っていきます!

スポンサーリンク




スケルトンとボブスレーの違いはここ!簡単ルール解説も!

スケルトンとボブスレーは似たような競技ですが、実は

①競技者の人数、②ソリと滑り方、③ソリのコントロール

の3つの違いがあります。それでは詳しく解説していきましょう。

スケルトン

① 競技者の人数→1人乗り
② ソリと滑り方→スケルトンのソリは鉄製でできていて、1人乗りのためサイズはボブ
スレーに比べて小さめにできています。スケルトンとは、骨格と骨組を意味するらしく、ソリも骨格と骨組だけのようにシンプルにできているのが特徴です。
http://www.sesa-uso800.com/wp-content/uploads/2017/04/36-300×300.jpg
ソリの重量制限
男子 43kg(選手を含めて115kg以上の場合は33kg)
女子 35kg(選手を含めて115kg以上の場合は29kg)

スケルトンの滑り方は、ボブスレーのような足を前に出す格好ではなく、うつ伏せで頭を前に出した状態で滑ります。
頭が氷上わずか10cmに位置する状態で最高時速130km超という猛スピードで滑走するため、危険性が問題になり54年もの間オリンピック種目から除外されていた経緯があります。

ボブスレー

① 競技者の人数→2人乗り、4人乗り
② ソリと滑り方→ボブスレーのソリは、ソリというよりはレーシングカーをイメージするような造りになっています。
まず、前方にハンドル、後方にブレーキが備え付けられた鋼鉄製でできていて、その造りは本格的で、各国ともそれぞれ、BMWやフェラーリ、マクラーレンなどF1では有名な自動車メーカーが、空気力学的観点からの共同研究開発をすすめています。これが「氷上のF1」と呼ばれる所以です。

ボブスレーの滑り方は、スタートと同時に全員でソリを押し込み、50mほどで加速したら一気に乗り込みます。そして滑走中は前方のパイロットがハンドルで操縦し、後方のブレーカーはできる限り空気抵抗を避けるように姿勢を低くし、重りの役割を担います。
http://www.asahi.com/olympics/news/images/RTR201002280011.jpg

それではスケルトンのルールを簡単に解説していきましょう。

スケルトンでいちばん大切なルールは、重量制限があるということです。
スケルトンは滑る競技なので、重い方が軽い方よりも有利です。そのため、単に総重量を上げれば勝てるという事を防ぎ、使用するソリと体重の総重量に制限を設け、身体の大きさに関係なく戦えることを可能にした点に意義があります。

ソリの重量制限
男子 43kg(選手を含めて115kg以上の場合は33kg)
女子 35kg(選手を含めて115kg以上の場合は29kg)

選手が滑走するごとにコースは傷んできますが、早い滑走の方が有利になるのではないか?と心配になりますよね。
そんな心配のために、滑走順はシステム化されていて1本目の順番は最新のIBSF(国際ボブスレー・スケルトン連盟)ランキング上位選手順に選択権があるというルールがあります。

1本目 IBSFランキング上位選手から選択権あり
2本目 1本目の20位~1位の順番で滑り、その後21位~最後まで。
3本目 2本目の1位~最後まで。
4本目 20位~1位の順番。21位以下は4本目にすすめない。

平昌オリンピックスケルトンの競技日程

平昌オリンピックスケルトンの競技日程を確認しておきましょう。
2018年 2月15日 スケルトン女子
2月16日 スケルトン男子
スケルトン女子
2月17日 スケルトン男子




平昌オリンピックスケルトン日本代表は?

平昌オリンピックスケルトン日本代表はまだ決まっていないようですが、ここでは代表候補の選手をご紹介していきましょう。

小口貴子

http://www.tableland.co.jp/takako/images/profile_photo.jpg
1984年8月8日生まれ
丸善食品工業所属
19歳からスケルトンを始める。
毎年行われる全日本選手権では全て3位や2位と後一歩で優勝という健闘を見せている。
平昌オリンピック代表強化選手の1人に名を連ねています。

笹原友希

http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/sports/skeleton/team/images/sasaharayuki.jpg
1984年4月11日生まれ
アジマックス所属
2014年 ソチオリンピック 22位
元々は高校時代まで陸上長距離の選手で、仙台大学へ進学してからスケルトンを始めます。
2010年バンクーバーオリンピック出場は逃しましたが、2013年から長野市のシステックスに所属して技術の向上に成功、2013~2014ワールドカップ代表に選出され、2014年ソチオリンピック代表に選出されます。

小室希

http://www.asahi.com/olympics/sochi2014/gallery/0213/images/012.jpg
1985年5月29日生まれ
仙台大学所属
2010年 バンクーバーオリンピック 失格
2014年 ソチオリンピック 19位
ソチオリンピック後に左足アキレス腱断裂という大けがを乗り越え、2016-17ワールドカップに出場できるまでに回復。平昌オリンピック出場を目指して次のワールドカップでは好成績を目指しています。

平昌オリンピックスケルトンの放送予定は?

平昌オリンピックスケルトンの放送予定はまだ決まっていないようなので、決まり次第アップしていきます。

最後に

冬季オリンピックはジャンプやスケルトンなど、命を賭けた競技が多いですよね。
とても私たち素人には想像もつかない恐怖と戦っていることを痛感します。

みなさんで悲鳴をあげながら平昌オリンピックスケルトン日本代表を応援しましょう!

スポンサーリンク







カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。