平昌オリンピックボブスレーの日程や日本代表は?放送予定や種目解説!

2018年2月9日に開幕する平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)まで後残り僅かと迫ってきましたが、みなさんは氷の坂道を最高時速150キロという猛スピードで滑走する「氷上のF1」と呼ばれる競技をご存知でしょうか?

その名も、ボブスレーです。

今回は平昌オリンピックボブスレー日程や日本代表、放送予定や種目解説をしていきたいと思います!

スポンサーリンク




ボブスレーの見どころはここ!

まずはボブスレー観戦を楽しむための基礎知識!

ボブスレーは1924年の第1回シャモニー・モンブラン冬季オリンピックから正式種目として採用された歴史ある競技です。

ボブスレーにおいて重要な要素は、スタートでのブレーカーの押しの強さや速さ、乗りこんだ後のパイロットの操縦技術、そしてソリの3つと言われます。これら3つの要素によってタイムが競われるわけですね。

そしてボブスレーの見どころはこの3要素にあるので、順番にご紹介していきましょう。

見どころ1:ハイテクなソリがすごい!

氷上を最大時速150キロの猛スピードで滑走し、1/100秒の世界でしのぎを削るため、ソリの性能が勝敗を分けると言っても過言ではありません。

それではボブスレーの強豪国のソリ事情を見てみましょう。

<ロシア>
ロシアボブスレー
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/9/500×400/img_e9b9ad6ccb5ddf333a8e05f794afb6de150767.jpg
・ソチオリンピック 男子2人乗り 金 男子4人乗り 金
・オーストリアのボブスレーメーカーと「他国に一切ソリを売買しない」などの独占契約。

<アメリカ>
アメリカボブスレー
http://www.bohp.net/blog/pict9/news130121usa01.jpg
・ソチオリンピック 男子2人乗り 銅/男子4人乗り 銅
女子2人乗り 銀・銅
BMW社の開発協力を得る。

<ドイツ>
ドイツボブスレー
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/67/5d/1f9716c718553f582bb9585e1292952f.jpg
・バンクーバーオリンピック 男子2人乗り 金・銀 男子4人乗り 銀
BMW社の開発協力を得る。

<イタリア>
イタリアボブスレー
http://www.akakutehayai.com/blog2/blogphoto/ferraribobsleigh_01.jpg
・トリノオリンピック 女子2人乗り 銅
フェラーリ社の開発協力を得る。

<イギリス>
イギリスボブスレー
http://livedoor.blogimg.jp/markzu/imgs/f/5/f5eaacb1.jpg
マクラーレンの開発協力を得る。

こうしてみてみると、自動車メーカー同士の威信をかけた戦いのようにも見えますね。

各国ともボブスレー競技への強化予算が潤沢にあるため、有名自動車メーカーの開発協力を得ることが可能なわけです。

ロシアに関しては強化費用として1億円が計上されているのに対し、日本はというと、1つ700万円と言われるソリを購入するのもためらうくらいですから、到底戦える状態に無いことがわかります。

一方、東京都大田区の町工場が中心となって、初の国産のソリを開発するというプロジェクトを立ち上げ、2人乗りソリを開発しましたが、日本チームが使用しているラトビア製のソリでのタイムを上回ることができなかったために採用は見送られることになりました。
ジャマイカボブスレー
引用:http://bobsleigh.jp/
しかしその後、ジャマイカチームが採用を決定したため、平昌オリンピックでフェラーリやBMW、マクラーレンなど有名F1マシン対「下町ボブスレー」の対決が実現されることになりました!

見どころ②:スタートが凄い!

もう1つの見どころは、ボブスレーにおいて重要な要素のうちの1つにあげました、スタートでのブレーカーの押しの強さや速さです。

スタート時は立っている状態でソリのプッシュバーを握り、スタートラインから50m地点まで一気にソリを押し出し、加速のついたソリに全員で一気に乗り込みます。

自力で加速できるのはこの時までのため、スタートは非常に重要になります。

そのため、スタートではどの選手達も集中し、お互いに気持ちを高めるために大声で叫んだり、かと思えばスタート直前にはうってかわって静寂に包まれます。

そこから一気に全員でソリを押し、素早く乗り込む姿は迫力満点です。

見どころ③:操縦技術がすごい!

加速したソリの最高速度は150kmまで出ると言われていますが、そのスピードの中でハンドルを操作するのは尋常ではありません。

相当な訓練を積まないとなかなかできませんよね。

一瞬の判断が求められ、操作を誤ると側壁にぶつかりタイムロスの原因になり、衝突の仕方によっては大事故になる恐れもあります。

この一瞬一瞬のハンドル操作は見ものです!

スポンサーリンク
 




平昌オリンピックボブスレーの競技日程

2018年2月18日 男子2人乗り
2月19日 男子2人乗り
2月20日 女子2人乗り
2月21日 女子2人乗り
2月24日 男子4人乗り
2月25日 男子4人乗り

男子2人乗り、女子2人乗り、男子4人乗りと各日2回ずつ計4回の滑走で勝敗が決まります。

平昌オリンピックボブスレー日本代表は?

サッカー男子日本代表チームは「SAMURAI BLUE」、女子は「なでしこジャパン」、野球日本代表は「サムライジャパン」というように、愛称がありますが、

実はボブスレー日本代表にも愛称があります。

「DANGANジャパン」です。
ダンガンジャパン
引用:http://www.jblsf.jp/wp-content/uploads/2013/12/KN2_456011.jpg

DANGANジャパンは未だ正式には確定していないようですが、ここでは日本代表候補を見ていきましょう。

▼男子

鈴木寛
1973年12月13日生まれ
北野建設所属
2010年 バンクーバーオリンピック出場
全日本ボブスレー選手権大会優勝10回

黒岩俊喜
1993年8月31日生まれ
仙台大学所属
2014年 ソチオリンピック出場

浅野晃祐
1990年4月12日生まれ
無所属
2014年 全日本選手権大会2人乗り 優勝

伊藤隆太
1989年1月6日生まれ
無所属
2015年 全日本ボブスレー選手権大会4人乗り 優勝
2016年 全日本ボブスレー選手権大会4人乗り 2位

▼女子

押切麻李亜(ぷらう)
1994年11月5日生まれ
ぷらう所属
2015年 全日本ボブスレー選手権大会2人乗り 優勝
2017年 ボブスレー世界選手権2人乗り 7位
ワールドカップ2人乗り 16位

君嶋愛梨沙
日本体育大学所属

また、ボブスレーは大谷翔平ではないですが、二刀流選手も多く、浅野晃祐、君嶋愛梨沙は陸上選手で活躍していたそうです。

パイロットはコントロール技術が必要なため難しいですが、ブレーカーは瞬発力があればかなり武器になることから、転身する選手も多いということです。

因みに平昌オリンピック選手選考会には、元なでしこジャパンで活躍した丸山桂里奈も参加したということです。

平昌オリンピックボブスレーの放送予定は?

まだ決まっていないようなので、決まり次第アップしていきます。

最後に

いかがでしたでしょうか?こうして見てみると、平昌オリンピックボブスレーの見どころが満載だと実感していただけたでしょうか?

スーパーカーVS下町ボブスレーやDANGANジャパンVS下町ボブスレーなど見どころ満載で今からワクワクしてきますね。

スポンサーリンク







カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。