ロジャーズカップ2017ドロートナーメント表!錦織圭の試合結果も!

ロジャーズカップ2017

全米オープンテニス2017に向けたハードコートシーズンの第2戦、ロジャーズカップ2017

昨年は決勝へ進出するもジョコビッチ選手に敗れ準優勝となった錦織圭選手。

今年は昨年以上の結果を残し全米オープンへ弾みをつけたいところですが、気になる今年の錦織圭選手…。

ここでは、ロジャーズカップ2017の大会日程やテレビ放送予定、ドロートーナメント表や組み合わせを紹介!

そして錦織圭選手の試合結果やその他の試合もトーナメント表を随時更新していきますでのお楽しみに!

全米オープンテニス2017についてはコチラから
icon-arrow-circle-right全米オープンテニス2017日程!錦織圭ら日本人の組合せ!放送予定も!





Sponsored link

ロジャーズカップ2017の大会概要

大会カテゴリー  :マスターズ1000
シングルスドロー数:56
会 場      :カナダ モントリオール
サーフェイス   :ハード
前年優勝者    :ノバク・ジョコビッチ

ロジャーズカップ2017の大会日程

ロジャーズカップ2017の日程は2017年8月5日~8月13日。
8月5日、6日は予選が行われ、本戦は8月7日から始まります。

決勝戦は8月13日(日)

カナダモントリオールとの時差は約13時間で日本が進んでいます。

8月4日(土) 練習日
8月5日(日) 予選
8月6日(月) 予選
8月7日(火) 1回戦
8月8日(水) 1回戦・2回戦
8月9日(木) 2回戦
8月10日 3回戦
8月11日(金)準々決勝
8月12日(土)準決勝
8月13日(日)決勝

ロジャーズカップ錦織圭の戦績

錦織圭選手の過去のロジャーズカップの成績をまとめます。
2012年が初出場となり、昨年は準優勝!

年々成績を上げてきて、今年はついにマスターズ1000制覇か!?

という期待を込めて…。

▼2016年 準優勝

初戦(2回戦)ノビコフ 2-0

3回戦ラム 2-0

準々決勝ディミトロフ 2-1

準決勝ワウリンカ2-0

決勝ジョコビッチ 0-2

▼2015年 ベスト4
▼2014年 出場なし
▼2013年 3回戦敗退
▼2012年 2回戦敗退

ロジャーズカップ2017主な出場選手やシード選手

ロジャーズカップは大会カテゴリがマスターズ1000。
トップ30選手には出場の義務があり、大会レベルはグランドスラムをはあまり変わりません。

違いとすれば、グランドスラムが5セットマッチなのに対し、マスターズ1000は3セットマッチ。

グランドスラムは体力的にもタフな戦いとなっています。

<主なトップ出場選手>

ラファエル・ナダル(2)
ロジャー・フェデラー(5)
マリン・チリッチ(6)
ミロシュ・ラオニッチ(7)
ドミニク・ティエム(8)
錦織圭(9)
ツォンガ(10)

ロジャーズカップ2017ドロートーナメント表

錦織圭選手はロジャーフェデラー側に入りました。
準決勝まで勝ち進んだ場合対戦することとなります。
ロジャーズカップ2017ドロー
ロジャーズカップ2017ドロー

ロジャーズカップテレビ放送予定は?

例年通りNHKとスカパーGAORAで放送される予定です。

▼NHK

▼スカパーGAORA

▼スポナビライブ

ロジャーズカップ2017錦織圭の試合結果

▼2回戦(初戦)

対戦相手:ガエル・モンフィス(ランキング22位)
錦織圭とは4度目の対戦で錦織圭の3連勝中と相性の良い相手であったが、逆転負け。

第1セットは激しいラリーの末、ライブレークを制した錦織圭。

第2セットも第1セットを取った勢いで5-2とリードした第8ゲームを奪われ、

なんとそこから5ゲーム連続奪われこのセットを落とす。

勝負の第3セット、タイブレークまでもつれ込み、6-2と4本のマッチポイントを握った錦織圭。

またしかし、信じられない、モンフィスの勢いに錦織失速。

ここから6ポイント連続でとられthe end。

選手名 ゲーム 試合結果 ゲーム 選手名
錦織圭 7(7)
5
6(6)
 1-2 6(4)
7
7(8)
G・モンフィス

ロジャーズカップ2017杉田祐一の試合結果

▼1回戦

対戦相手:ダビド・ゴフィン(13位)

第1セットを奪うも第2・3セットと取られ1回戦敗退

杉田祐一 6 1 4
ダビド・ゴフィン(ベルギー) 4 6 6

最後に

全米オープンテニス2017まで連戦が続き体力的にハードなシーズンを向かえていると思われる錦織圭選手。

今年は未だ優勝がなく苦戦を強いられていますが、実践が最高の練習を捉えているのでしょう。

連戦も実践を重ねる中で試合勘を取り戻し、調整していると思われます。

日本中の期待を背負いすぎなんでしょうか。

テニスの勝負を最大限に楽しんで伸び伸びとしたテニスをしてほしいものです。

<関連記事>

テニスサーブ最速世界&日本ランキング!驚きのギネス記録動画とは!?

2017.01.17





Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。