箱根駅伝2018出場校!予選会結果や優勝候補&注目選手は?

箱根駅伝

毎年1月2日と3日の2日間にわたって行われるお正月の風物詩になってる箱根駅伝。歴史あるこの駅伝大会は大学生ランナーにとって憧れの舞台です。

毎年様々なドラマが生まれるのも魅力の一つですね!

ここでは予選会を通過し、箱根駅伝2018大会に出場するのはどこの大学か?また優勝候補や注目選手などをご紹介していきます!




Sponsored link

箱根駅伝とは

箱根駅伝は、正式名称を『東京箱根間往復大学駅伝競走』といい、大正9年に始まった日本で一番歴史のある大会です。

毎年1月2日と3日の2日間に渡って開催され、テレビ中継に熱が入るなど、お正月の風物詩としてもお馴染みになっていますね!

大会は、関東学連加盟大学のうち、

・前年大会でシード権を獲得した10校
・予選会を通過した10校
・関東学生連合1チーム

の合計21チームで争われます。

東京・読売新聞社前から箱根・芦ノ湖間の総距離217.1kmを10区(往路5区・復路5区)に分けて、各チーム10人が走ります。

箱根駅伝2018コース

箱根駅伝2018大会のコースは以下の通りです。

1区、大手町~鶴見(21.3km)
平坦で直線的なコースが長く続く区間です。そのためスピードある選手が実力を発揮しやすく、例年各大学エースを投入してきます。

2区、鶴見~戸塚(23.1km)
距離が長く、中盤に「権太坂」、ラストにもアップダウンの繰り返しが待ち受ける区間です。

3区、戸塚~平塚(21.4km)
前半に緩やかな下り坂が続く区間です。

4区、平塚~小田原(20.9km)
今大会から距離が2.4km延長した区間です。

5区、小田原~芦ノ湖(20.8km)
箱根駅伝最大の難所。山上りが続き、『山の神』『山のスペシャリスト』など数々の伝説が誕生する区間です。

6区、芦ノ湖~小田原(20.8km)
一気に下り坂を駆け下りる区間です。カーブが急でスピードも速いため、コース取りが重要になります。

7区、小田原~平塚(21.3km)
小さなアップダウンが続き、ペース配分が難しい区間です。

8区、平塚~戸塚(21.4km)
追い風と坂の上り下りによって体力の消耗が激しい区間です。

9区、戸塚~鶴見(23.1km)
アンカーへ繋ぐ区間。優勝争い、シード権争いの大逆転の舞台となることもあり、目が離せない区間です。
そしてトップ通過とのタイム差で、数々のドラマが生まれている繰り上げスタートとなる可能性が高いのもこの9区。

10区、鶴見~大手町(23.0km)
最終区間。各チームのアンカーがゴールを目指してデッドヒートを繰り広げます。

箱根駅伝2018の出場校!

今大会の出場校は、すでに前回大会で上位10位内に入った、
青山学院大学
東洋大学
早稲田大学
順天堂大学
神奈川大学
中央学院大学
日本体育大学
法政大学
駒澤大学
東海大学

以上の10校がシードとして出場が確定しております。

残り10校は10月の予選会で決定します。予選会は例年10月の第3土曜日に開催されており、予定通りであれば、今回は10月21日(土)になると思われます。

予選会は、例年東京都立川市で行われ、陸上自衛隊立川駐屯地をスタートし、ゴールとなる国営昭和記念公園までの20キロのコースで競われる予定です。

箱根駅伝歴代往路・復路優勝校

箱根駅伝のここ5年の歴代優勝校を紹介します。
2017年
総合優勝、青山学院大学
往路優勝、青山学院大学
復路優勝、青山学院大学
2016年
総合優勝、青山学院大学
往路優勝、青山学院大学
復路優勝、青山学院大学
2015年
総合優勝、青山学院大学
往路優勝、青山学院大学
復路優勝、青山学院大学
2014年
総合優勝、東洋大学
往路優勝、東洋大学
復路優勝、東洋大学
2013年
総合優勝、日本体育大学
往路優勝、日本体育大学
復路優勝、駒沢大学




Sponsored link

箱根駅伝2018優勝候補の大学は?

今大会で、優勝候補の大本命となるのはやはり青山学院でしょう。
2015年から3連覇を飾り、4連覇を狙う今回も個々の走力、選手層の厚さは、他の大学を圧倒しています。

また、強力な1年生が入った東海大学にも注目です。実績だけみれば青山学院大学にも引けを取らないチーム力を持っています。

また各大学の情報が入り次第随時追記していきますのでお楽しみに!

箱根駅伝2018の注目選手は?

優勝候補と同時に気になるのは注目選手ですね。

この箱根駅伝で実績を残せば東京オリンピックへの強化選手への道に繋がっているはず!

注目選手としては、まず優勝候補の青山学院から田村和希選手と下田裕太選手ではないでしょうか。

田村選手は1年生の頃から箱根駅伝に出場しており、1、2年連続で4区を走り、2年連続での区間賞を記録。青学の3連覇には欠かせなかった選手であり、今大会の期待も背負っています。

下田選手は2016年2月の東京マラソンで、10代の日本歴代最高記録を更新した選手です。過去の箱根駅伝でも、2年連続で区間賞を記録しており、田村選手と共に青学を引っ張る存在です。

また、U20世界選手権に日本代表として出場経験のある東海大学の鬼塚翔太選手や、リオオリンピックに出場した順天堂大学の塩尻和也選手、そして昨年の箱根駅伝2区で区間賞を獲得!4年生になった今季は学生長距離界のエースとしても期待されています神奈川大学の鈴木健吾選手。

最後に

青山学院大学が4連覇となり、駒沢大学、順天堂大学、日本大学に並ぶことができるか!?
はたまた、阻止する大学は現れるか。
ちなみにこれまでの連勝記録は昭和34年~39年の中央大学の6連覇。
さすがにこれ以上青山学院の独走状態にさせまいと各大学はこれまで以上に打倒青山学院大学に燃えているはず!
箱根駅伝2018大会はこれまでにない、熾烈な争いとなりそうですね。
まずは10月に行われる予選会に注目です!




Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。