陸上日本選手権2017の結果速報!競技日程やテレビ放送予定も!

『第101回日本陸上競技選手権大会』(以下、陸上日本選手権2017)が2017年6月23日(金)から25日(日)の3日間の日程で開催されます。

この大会は陸上競技日本一を決める大会であり、8月にロンドンで開催される世界陸上2017の代表選考も兼ねており注目の大会です。

ここでは日本陸上選手権2017の競技日程やテレビ放送予定、そして気になる競技結果、及びロンドン世界選手権2017代表内定選手をご紹介いたします。

注目はなんといっても男子100mではないでしょうか。日本人初の9秒台に向けて熾烈な争いが行われることでしょう。

世界陸上2017の競技日程やテレビ放送予定は?日本代表選手も!

2017.01.30




Sponsored link

日本陸上選手権2017の概要

今年で101回目を迎える日本陸上選手権。毎年開催されているので第1回目はなんと1世紀も前の1913年とは驚きです。

▼日程
2017年6月23日(金)~6月25日(日)

▼会場
大阪・ヤンマースタジアム長居

▼競技種目
男子:トラック・フィールド競技合わせて18種目
女子:トラック・フィールド競技合わせて18種目

▼競技日程

【第1日目 6月23日(金)】

男 子 女 子
   
100m予選・準決勝 100m予選
400m予選 400m予選
800m予選 1500m予選
1500m予選 10000m予選・決勝
10000m予選・決勝 走り高跳び決勝
400mハードル予選 走り幅跳び決勝
棒高跳び決勝 ハンマー投げ決勝
ハンマー投げ決勝  
   

 

【第2日目(6月24日(土)】

男 子 女 子
100m決勝 100m決勝
200m予選 200m予選
400ⅿ決勝 400m決勝
800m決勝 800m予選
1500m決勝 1500m決勝
110mハードル予選・準決勝 100mハードル予選・準決勝
400mハードル決勝 400mハードル予選
走り幅跳び決勝 3000m障害物予選
 やり投げ決勝 3000m障害物決勝
  三段跳び決勝
  砲丸投げ決勝
  やり投げ決勝
棒高跳び決勝

 

【第3日目 6月25日(日)】

男 子 女 子
200m決勝 200m決勝
5000m決勝 800m決勝
110mハードル決勝 5000m決勝
3000m障害物決勝 100mハードル決勝
走り高跳び決勝 400mハードル決勝
三段跳び決勝 円盤投げ決勝
砲丸投げ決勝  
円盤投げ決勝  





Sponsored link

日本陸上選手権2017のテレビ放送予定

昨年同様NHK総合、BS1で放送される予定です。また昨年は競技開始からテレビ放送までの会場内の映像をインターネットでライブ配信していました。

こちらの情報も分かり次第掲載いたします。

▼第1日目

6月23日(金)19:00~20:50(BS1 ライブ)

6月24日(土)1:25~2:15(NHK総合テレビ 録画)

▼第2日目 

6月24日(土)19:00~19:30(BS1 ライブ)

6月24日(土)19:30~20:45(NHK総合テレビ ライブ)

▼第3日目

6月25日(日)16:00~18:00(NHK総合テレビ ライブ)

結果速報及び世界陸上2017内定選手

該当者なし
世界陸上参加条件は参加標準記録突破が条件となっています。
そのため優勝しても記録をクリアしない限り世界陸上内定とはなりません。

6月23日(金)大会1日目

種目 優勝者 世界陸上内定
女子  走り高跳び  仲野春花  該当者なし
 ハンマー投げ  勝山眸美  該当者なし
 走り幅跳び  高良彩花  該当者なし
 10000m  松田瑞生  松田瑞生
男子  棒高跳び  山本聖途  山本聖途
 ハンマー投げ  柏村亮太  該当者なし
 10000m  大迫傑  該当者なし

6月24日(土)大会2日目

注目の男子100mは9秒台達成とはならなかったが、サニブラウン・ハキーム選手が自己ベストの10.05で初優勝!桐生選手は、2位の多田修平選手、3位のケンブリッジ飛鳥選手に次ぐ第4位で100m走での代表枠3に入れず!最終日の200mは注目です!

種目 優勝者 世界陸上内定
女子  三段跳び  宮坂楓  該当者なし
 砲丸投げ  郡菜々佳  該当者なし
 やり投げ  海老原有希  該当者なし
 棒高跳び  我孫子智美  該当者なし
 1500m  陣内綾子  該当者なし
 400m  岩田優奈  該当者なし
 100m  市川華菜  該当者なし
男子  走り幅跳び  橋岡優輝  該当者なし
 1500m  館澤亨次  該当者なし
 やり投げ  新井涼平  該当者なし
 800m  川元奨  該当者なし
 400mハードル  安部孝駿  安部孝駿
 400m  北川貴理  北川貴理
 100m  サニブラウン  サニブラウン

6月25日(日)大会3日目

種目 優勝者 世界陸上内定
女子  円盤投げ  辻川美乃利  該当者なし
 400mハードル  青木沙弥佳  該当者なし
 800m  北村夢  該当者なし
 100mハードル  木村文子  該当者なし
 5000m  鍋島莉奈  鍋島莉奈
 200m  市川華菜  該当者なし
男子  砲丸投げ 畑頼聡  該当者なし
 走り高跳び 衛藤昴 衛藤昴
 三段跳び 山本凌雅 山本凌雅
円盤投げ 堤雄司 該当者なし
3000m障害 潰滝大記 該当者なし
110mハードル 高山峻野 高山峻野
5000m 松枝博輝 該当者なし
200m サニブラウン サニブラウン

最後に

日本陸上選手権2017の開催は2017年6月23日(金)~25日(日)の3日間。
競技種目は男女それぞれ18種目の合計36種目が行われます。

ロンドン世界選手権代表選手はこれまでに行われた選考レースで派遣設定記録Sを突破した選手がいないため、この日本陸上選手権の結果で決定。

注目の男子100mはサニブラウン・ハキーム選手が制し、翌日の200mも制し共に自己ベストで2冠を達成
だが、2冠達成を喜びながらも

「この先(世界大会)で結果を出せなければ、ここで勝ったところで何の意味もない」

と平然と言い切ったようです。

7月の世界陸上を見据えての日本選手権。世界選手権での結果に期待できますね!

世界陸上2017の競技日程やテレビ放送予定は?日本代表選手も!

2017.01.30

第1次日本代表選手発表は6月26日(月)
第2次日本代表選手発表は7月24日(月)。




Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。