ウィンブルドン2017 ドロートーナメント表!錦織圭の結果やヒストリー

錦織圭ウィンブルドン

ここではウィンブルドン2017(全英オープンテニス2017)のドロートーナメント表や錦織圭選手の試合結果を中心にまとめていきます。

テニス発祥の地イギリスで開催される格式高いテニストーナメント「ウィンブルドン」

錦織圭選手は自己最高がベスト16と他のグランドスラム大会と比べ結果を残せていない大会です。

昨年は無念のリタイヤとなりましたが試合後、「少し芝が好きになった」と語った錦織圭選手。
芝での手ごたえを掴んだようです!

今年は日本人初の快挙達成なるか注目です!




Sponsored link

ウィンブルドン2017の概要

大会名   :ウィンブルドン2017(全英オープンテニス2017)
カテゴリ  :グランドスラム
ドロー数
シングルス :128
ダブルス  :64
サーフェイス:天然芝
開催地   :イギリス ロンドン
会 場   :オールイングランド・ローン&クローケクラブ
優勝賞金  :
獲得ポイント:2000

▼ウィンブルドン2017日本人本選出場選手
・錦織圭
・杉田祐一
・ダニエル太郎
※西岡良仁選手は欠場

▼予選出場選手
・添田豪
・伊達竜馬
・守屋宏紀
・サティラン晶
・内山靖崇

ウィンブルドン2017の試合日程

ウィンブルドン2017の開催日程は2017年7月3日(月)~7月16日(日)
※7月9日はミドルサンデーと呼ばれ休養日となります。
▼大会スケジュール

日程 男子
シングルス
男子
ダブルス
女子
シングルス
女子
ダブルス
7/3(日) 1回戦   1回戦  
7/4(火) 1回戦   1回戦  
7/5(水) 2回戦 1回戦 2回戦 1回戦
7/6(木) 2回戦 1回戦 2回戦 1回戦
7/7(金) 3回戦 2回戦 3回戦 2回戦
7/8(土) 3回戦 2回戦 3回戦 2回戦
7/9(日) 休養日
7/10(月) 4回戦 3回戦 4回戦 3回戦
7/11(火)   準々決勝 準々決勝 準々決勝
7/12(水) 準々決勝     準決勝
7/13(木)   準決勝 準決勝  
7/14(金) 準決勝 準決勝    
7/15(土)   決 勝 決 勝 決 勝
7/16(日) 決 勝      





Sponsored link

ウィンブルドン2017シード順

ウィンブルドンのシードの決め方は世界ランクングだけでなく、芝のコートで行われた過去2年間の大会での実績が考慮されるという他のグランドスラムとは異なる決め方が採用されています。

シード順位 名前 世界ランキング
1 アンディ・マレー 1
2 ノバク・ジョコビッチ 4
3 ロジャー・フェデラー 5
4 ラファエル・ナダル 2
5 スタン・ワウリンカ 3
6 ミロシュ・ラオニッチ
7
7 マリン・チリッチ 6
8 ドミニク・ティエム 8
9  錦織圭 9
10  アレキサンダー・ズべレフ
12
11 トマーシュ・ベルディハ 14
12  ジョーウィルフリード・ツォンガ 10
13  グリゴル・ディミトロフ
11
14  ルーカス・プイユ
15
15  ガエル・モンフィス
16
16  ジレ・ミュラー
26
17  ジャック・ソック
18
18  ロベルト・バウティスタ
19
19  フェリシアノ・ロペス
25
20 ニック・キリオス 20
21 イボ・カロビッチ 23
22 リーシャル・ガスケ 27
23 ジョン・イスナ― 21
24 サム・クエリー 28
25 アルベルト・ラモス 22
26 ジレ・ミュラー 26
27 パブロ・クエバス 24
28 ミーシャ・ズべレフ 30
29 ファビオ・フォニーニ 29
30 ファンマルティン・デルポトロ 32
31 カレン・カチャノフ 34
32 パオロ・ロレンツィ 33

世界ランキング13位のD.ゴファン選手と17位のカレノブスタ選手は故障のため欠場。

ウィンブルドン2017のドロートーナメント表

ドローセレモニーが行われるのは大会直前となりますので、7月1日か2日の可能性が高そうです。
現地日程で6月30日の発表となるようです。

第9シードに入った錦織圭選手の初戦は初対戦となる世界ランキング105位のM・チェッキナート(イタリア)。

順当に勝ち進むと
3回戦:第18シード R・バウティスタ=アグ(スペイン)
4回戦:第7シード M・チリッチ(クロアチア)
準々決勝:第4シードR・ナダル(スペイン)

と顔を合わせる組み合わせ。

<男子シングルスドロー>
ウィンブルドン2017ドロー
ウィンブルドン2017ドロー

<女子シングルス>
ウィンブルドン2017ドロー
ウィンブルドン2017ドロー

女子シングルス出場日本人は、
・土居美咲
・尾崎里紗
・大坂なおみ
・奈良くるみ
・日比野菜穂

<女子ダブルス>
ウィンブルドン2017ドロー
出場日本人::加藤未唯・穂積絵莉

ウィンブルドン2017錦織圭の試合結果

▼錦織圭1回戦
・対戦相手M・チェッキナート(イタリア)
・世界ランキング105位
・対戦成績 初対戦

<セットカウント3-0で錦織圭選手の勝利>
わずか71分でストレート勝ち!

錦織圭  6 6 6
M・チェッキナート  2 2 0

▼錦織圭2回戦
ジュリアン・ベネトー(フランス)vsセルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)の勝者
予選で伊達竜馬を破り本戦出場を果たしたセルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)
との対戦決定

<セットカウント3-1で錦織圭選手勝利>
1回戦は錦織圭選手にとって四大大会最短での勝利となったが、2回戦は3時間を超える長い試合となったようです。
1回戦があっさりと勝ちすぎてしまっただけに、この2回戦はハラハラドキドキの展開に…。

ランキングで大きく差が開いているとはいっても実力の差は僅差なのでしょうね。
一番の要素はマインドだとテニスの試合を見ていると思ってしまいます。

とは言え、昨年と比べ今年は単調なミスが目立つ錦織圭選手。何かが違うような…。
彼女の問題とは思いたくありませんが。

錦織圭
セルゲー・スタコフスキー

▼錦織圭3回戦

3回戦の対戦相手は世界ランキング19位のバウティスタ(スペイン)
・対戦成績:4勝0敗

錦織圭
バウティスタ

杉田祐一の試合結果

▼1回戦

杉田祐一  7 6 6
ブライダン・クライン  6 3 0

ストレート勝ちで4大大会初勝利!

▼2回戦

杉田祐一  1 7 6 6(2)
A・マナリノ  6 5 4 7(7)

ダニエル太郎の試合結果

▼1回戦

ダニエル太郎  6 4 6(4) 2
M.ククシュキ  4 6 7(7) 6

ファーストセットを取るも第3セットのタイブレーク取り切れず惜しくも初戦敗退。

錦織圭のウィンブルドンヒストリー

錦織圭選手のウィンブルドン初出場となった2008年から早や9年。
グラスコートが苦手と言われている錦織圭選手のウィンブルドンの成績を年代別にまとめました。

▼2008年 ランキング103位

ウィンブルドン初出場となったが無念の途中棄権で1回戦負け

1回戦:マルク・ジケル(53位)
6-4|5-7|Ret

▼2009年 欠場

右肘痛のため戦線離脱。8月には滑膜除去と軟骨治療の手術を行う。

▼2010年 ランキング189位

主催者推薦で本選からの出場となったが1回戦で当時世界ランキング1位のナダルに敗戦。

1回戦:ラファエル・ナダル(1位)
2-6|4-6|4-6

▼2011年 ランキング52位

1回戦で元世界ランキング1位のヒューイットに敗れるが、学んだことがたくさんあり来年の全英に生かすとコメント。

1回戦:レイトン・ヒューイット(130位)
1-6|6-7|7-6|3-6

▼2012年 ランキング20位

2010年の敗戦後のコメントの通り、初めて1回戦突破。
3回戦進出は日本人として17年ぶり。

1回戦:ミハイル・ククショキン(52位)
7-5|6-3|6-4

2回戦:フローラン・セラ(137位)
6-3|7-5|6-2

3回戦:ファンマルティン・デルポトロ(9位)
3-6|6-7|1-6

▼2013年 ランキング11位

ランキングトップ10入り間近で臨んだ2012年、3回戦でフルセットの末競り負け前年と同じ3回戦敗退。

1回戦:マテュー・エブデン(110位)
6-2|6-4|6-3

2回戦:レオナルド・マイエル(84位)
7-6|6-4|6-2

3回戦:アンドレアス・セッピ(28位)
6-3|2-6|7-6|1-6|4-6

▼2014年 ランキング12位

3回戦でフルセットの末勝利!自身初のベスト16へ進出!

1回戦:ケニー・デシェバー(73位)
6-4|7-6|7-5

2回戦:デニス・クドラ(136位)
6-3|6-2|6-1

3回戦:シモーネ・ボレッリ(132位)
3-6|6-3|4-6|7-6|6-4

雨で開始が遅れ日没サスペンデットとなったが
気持ちを切らさずフルセットの末撃破!初のベスト16進出。

4回戦:ミロシュ・ラオニッチ(9位)
6-4|1-6|6-7|3-6

▼2015年

1回戦:シモーネ・ボレリ(55位)
6-3|6-7|6-2|3-6|6-3

1回戦の試合中メディカルタイムアウトを取っていた錦織圭選手。
ウィンブルドン前哨戦で左ふくらはぎに筋膜症を起こしていた。

第5セットで再び痛みが再発。2回戦前に棄権を表明。

▼2016年 ランキング6位

またしても無念の途中棄権。松岡修三さん以来のベスト8を逃す。

1回戦:サム・グロス(123位)
6-4|6-3|7-5

2回戦:ジュリアン・ベネトー(547位)
4-6|6-4|6-4|6-2

3回戦:アンドレイ・クズネツィフ(42位)
7-5|6-3|7-5

4回戦:マリン・チリッチ(13位)
1-6|1-5|Ret

あとがき

昨年は、左わき腹痛で無念のリタイア。松岡修三さん以来のベスト8進出はならなかった。

試合後「(左わき腹が)切れるくらいまでやろうかと思っていた」と普段あまり闘志を全面に打ち出さない錦織圭選手なだけに余程テニス自体の調子はよかったんでしょうね。

「少し芝が好きになった」とも語っていることから右手首が万全の状態に戻れば今年は日本人初の○○が期待できそうですね!




Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。