世界柔道2017の日程やテレビ放送!日本代表メンバーや組み合わせは?

強く美しい日本の復活を世界知らしめたリオオリンピック日本柔道。
男子では全7階級全てでメダルを獲得!女子は5階級でメダル獲得でオリンピック史上最多の12個のメダルを獲得。

そのメダリストが出場するであろう注目の『世界柔道選手権大会2017』、通称『世界柔道2017』
オリンピックでは実施されていない団体戦無差別級が実施されるのも魅力の世界柔道。

今回は『世界柔道2017』日程やテレビ放送予定日本代表出場選手団体戦のメンバーや組み合わせなどをご紹介します。

試合結果は次第随時更新していきますのでお楽しみに!




Sponsored link

試合結果

【大会1日目】8月28日(月)

▼男子個人戦60㎏級

・高藤直寿(パーク24):金メダル
決勝でアゼルバイジャンを下し3大会ぶり2度目の優勝!

・永山竜樹(東海大学3年):3回戦敗退
対戦相手:14年大会覇者のボルドバートル・ガンバト

男子60

▼女子個人戦48㎏級

・近藤亜美(三井住友海上火災保険):銅メダル
準決勝でウランツェツェグ・モンフバット(モンゴル)に敗退、3位決定戦に。

・渡名喜風南(帝京大学4年):金メダル
決勝では2013年大会優勝のウランツェツェグ・モンフバット(モンゴル)に優勢勝ちで初優勝!
女子48

【大会2日目】8月29日(火)

▼男子個人戦66㎏級

阿部一二三(日本体育大学2年)金メダル
決勝戦ロシアのミハイル・プリャシェに1本勝ちで初出場初優勝!

阿部詩が強くてかわいい!高校や進路は大学?兄一二三と目指す目標とは?

2017.04.12
男子66
男子66
▼女子個人戦52㎏級

志々目愛(学校法人了德寺学園職)金メダル
角田夏実(学校法人了徳寺学園) 銀メダル

日本勢同士の決勝となった52kg級。個人戦では初出場で金メダルを獲得!
女子52

【大会3日目】8月30日

▼男子個人戦73㎏級
・橋本壮市(パーク24)金メダル
初代表で金メダル獲得!大会3日間続けての男子3階級金メダル!
男子73
男子73
▼女子個人戦57㎏級
・芳田司(コマツ)銀メダル
決勝戦は世界ランキング1位モンゴルのS.ドルジスレンと対戦。本戦・延長8分の熱戦の末惜しくも技ありを取られ敗退。
josi

【大会4日目】8月31日(木)

▼男子個人戦81㎏級

・永瀬貴規(旭化成)4回戦敗退
期待された4階級連続での金メダルとならず。
3回戦を1本勝ちで4回戦に進んだ永瀬選手ですが、大内刈りを仕掛けた際に、右膝を痛めてしまうアクシデント。
この怪我で動けなくなり技を出せず、延長戦5分過ぎに3つ目ん指導を受け、反則負け。
男子81
男子81

▼女子個人戦63㎏級
・日本勢の派遣なし
女子63

【大会5日目】9月1日(金)

▼男子個人戦90㎏級
日本選手の派遣なし
▼女子個人戦70㎏級
新井千鶴(三井住友海上火災保険) 金メダル
女子70
▼女子個人戦78㎏級
梅木真実(ALSOK)銀メダル
佐藤瑠香(コマツ)4回戦敗退(5位)
女子78

【大会6日目】9月2日(土)

▼男子個人戦100㎏級
ウルフ・アロン(東海大学4年生) 金メダル
ウルフアロン
▼男子個人戦100㎏超
王子谷剛志(旭化成) 2回戦敗退
原沢久喜(日本中央競馬会) 2回戦敗退
男子100K超
▼女子個人戦78㎏超級
・朝比奈沙羅(東海大学3年) 銀メダル
女子78超

【大会7日目】9月3日(日)

▼男女混合団体戦 金メダル

初戦でウクライナ、準々決勝でドイツ、準決勝で韓国、決勝でブラジルを下し初代王者に!

団体戦組み合わせ

世界柔道選手権大会とは?

国際柔道連盟(IJF)が主催する柔道の世界一を決定する大会で、グレードはオリンピックと同格レベル。
IJFワールド柔道ツアーで最高峰に位置付けられています。

IJFワールド柔道ツアーとは
IJFワールド柔道ツアーとは、国際柔道連盟(IJF)が2009年1月から施行する柔道国際大会で成績により世界ランキングを決めるポイントが付与される大会のこと。

このポイント制「IJFポイントランキング制度(世界ランキング)」は2009年に競技者同士の実力を客観的に、かつ明確に評価できるという利点から導入され、ワールド柔道ツアーの各大会によって獲得ポイント数が異なります。

ワールド柔道ツアー主要大会優勝獲得ポイント

・世界柔道選手権大会:2000ポイント
・柔道ワールドマスターズ:1800ポイント
・グランドスラム:1000ポイント
・グランプリ:700ポイント
・大陸選手権:700ポイント
・コンチネンタルオープン:100ポイント

開催は2007年までは2年おきでしたが、2008年以降は夏季オリンピック開催年を除き毎年開催されています。

実施階級は無差別を除いた男女7階級の個人戦と男女混合の国別団体戦。

個人戦、団体戦ともにトーナメント方式ですが、団体戦の勝敗は勝ち抜き戦ではなく、体重別で同階級同士の対戦となります。
2015年の世界選手権では先鋒から順番に男女共に5人制の総当たり(星取り)試合で階級の軽い方が先方となりました。

無差別級は2011年以来、6年ぶりに2017年11月11日~12日の日程にて開催されます!
詳しくはコチラ

男子 女子
60㎏ 48 kg級
66㎏級 52 kg級
73㎏級 57 kg級
81㎏級 63 kg級
90 kg級 70 kg級
100 kg級 78 kg級
100 kg超級 78 kg超級





Sponsored link

世界柔道2017の開催日程!開催国や会場も

開催国はハンガリーの首都ブダペスト。会場は「ブダペスト・スポーツアリーナ」
主にスポーツのイベントが行われる会場で以前K-1などの総合格闘技も開催されていたようです。

ハンガリーと日本の時差は
日本とハンガリーの時差は-8時間。日本が午前8時になるとハンガリーは同じ日付の0時。
世界柔道2017の開催期間はサマータイムとなるため、時差は-7時間。

ハンガリーの時間を計算するには、日本時間から7時間戻す。マイナスとなる場合はさらに24から引く。
例)日本時間6時-7=-1と計算して、さらに24-1=23時となり現地時間は前日の23時。

開催日程:2017年8月28日(月)~2017年9月3日(日)

【階級別の開催日程】

8月28日(月)
・開会式
・男子個人戦60㎏級 女子個人戦48㎏級

8月29日(火)
・男子個人戦66㎏級
・女子個人戦52㎏級

8月30日(水)
・男子個人戦73㎏級
・女子個人戦57㎏級

8月31日(木)
・男子個人戦81㎏級
・女子個人戦63㎏級

9月1日(金)
・男子個人戦90㎏級
・女子個人戦70㎏級/78㎏級

9月2日(土)
・女子個人戦78㎏超級
・男子個人戦100㎏/100㎏超級

9月3日(日)
・チームコンペティション(男女混合団体戦)

変更がございましたら分かり次第変更いたします。

世界柔道2017の日本代表出場メンバー

▼男子代表メンバー

階 級 代表選手
60㎏級 高藤直寿(パーク24)
永山竜樹(東海大学3年)
66㎏級 阿部一二三(日本体育大学2年)
73㎏級 橋本壮市(パーク24)
81㎏級 永瀬貴規(旭化成)
90㎏級 派遣なし
100㎏級 ウルフアロン(東海大学4年生)
100㎏超級 王子谷剛志(旭化成)
原沢久喜(日本中央競馬会)

阿部一二三の名前の由来や強さの秘密は父親?一本勝ちにこだわる理由とは

2017.04.06

ウルフアロンのベンチプレス重量は本当に凄いのか?父親や出身地はどこ?

2017.08.09
▼女子代表メンバー

階 級 代表選手
48㎏級 近藤亜美(三井住友海上火災保険)
渡名喜風南(帝京大学4年)
52㎏級 角田夏実(学校法人了徳寺学園)
志々目愛(学校法人了德寺学園職)
57㎏級 芳田司(コマツ)
63㎏級 派遣なし
70㎏級 新井千鶴(三井住友海上火災保険)
78㎏級  佐藤瑠香(コマツ)
梅木真実(ALSOK)
78㎏超級 朝比奈沙羅(東海大学3年)

近藤亜美がイケメン女子と評判に!兄や父親は?性格はおてんば?

2017.04.13

角田夏実が可愛い!得意技の腕十字は寝技は父親譲り?彼氏の噂も!

2017.04.15

▼男女混合団体戦

2020年東京オリンピックで男女各3名の計6名の混合団体戦の実施が決まったことから、今大会では従来の男女別による5人制の団体戦でなく、オリンピックを見据えた
男女混合団体戦が実施されます。

男女混合団体実施階級
男子73㎏級、90㎏級、90㎏超級
女子57㎏級、70㎏級、70㎏超級

男子90㎏級: 長澤憲大(パーク24)
男子73㎏級: 中矢力(ALSOK)

女子70㎏超級:素根輝(福岡・南筑高校2年)
女子70㎏級: 新添左季(山梨学院大学3年)
女子57㎏級: 宇高菜絵(コマツ)

世界柔道2017のテレビ放送予定

テレビ放送は前回大会(2015年)は地上波ではフジテレビ系列BS放送ではBSフジで放送され、
日本人の試合を中心に生中継されたようです。

地上波のフジテレビ系列では生中継され放送時間は深夜。BSフジは録画放送

日 程 時 間 実施種目
8月28日(月) 24:25~25:40 女子48㎏級
男子60㎏級
8月29日(火) 24:25~25:40 女子52㎏級
男子66㎏級
8月30日(水) 24:25~25:40 女子57㎏級
男子73㎏級
8月31日(木) 24:25~25:40 女子63㎏級
男子81㎏級
9月1日(金) 24:55~26:10 女子70㎏級
女子78㎏級
男子90㎏級
9月2日(土) 24:35~26:05 女子78㎏超級
男子100㎏級
男子100㎏超級
9月3日(日) 24:30~26:30 男女混合団体戦

試合結果

大会1日目8月28日(月)
▼男子個人戦60㎏級

高藤直寿(パーク24)永山竜樹(東海大学3年)

▼女子個人戦48㎏級

近藤亜美(三井住友海上火災保険)

渡名喜風南(帝京大学4年)

最後に

男子は2016年12月現在世界ランキング1位のベイカー茉秋選手、永瀬貴規選手を筆頭に7階級のうち6階級でトップ5以内。

女子では7階級中4階級でトップ4以内と際立った強さを誇る日本柔道。

前回大会に引き続き、男女ともに団体金メダル最有力候補でないでしょうか!
世界柔道2017今年も目が離せませんね!




Sponsored link