世界卓球2017の組み合わせ(男子)水谷ら代表メンバーのブロックは?

2017年5月に開催される卓球の世界No.1選手を決める「世界卓球2017」

男子シングルス日本代表には水谷隼、丹羽孝希、松平健太、村松雄斗、張本智和の5人は選出されました。

上位へ上がるに重要な要素となる組合せ。なるべくならトップランカーと早い時点では対戦したくないですね。

ここでは、世界卓球2017のトーナメント表や組み合わせなどを、日本代表メンバーのプロフィールを交えてご紹介します。

まだまだ未発表の情報も多いため随時更新していきます。

更新・追記情報
追記:2017.5.30 日本代表メンバー組合せブロック
追記:2017.5.24 男子シード選手
追記:2017.5.4  世界卓球2017大会日程

アイキャッチ画像出典:http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/table-tennis/news/1693503.html




Sponsored link

世界卓球2017男子シングルス日本代表メンバー

まずは、世界卓球2017の男子シングルス日本代表メンバー情報からチェックしていきます。

水谷隼(みずたにじゅん)

生年月日:1989年6月9日(26歳)
出身地:静岡県磐田市
身 長:172㎝
体 重:66㎏
血液型:B型
出身中学:青森山田中学校
出身高校:青森山田高校
出身大学:明治大学政治経済学部
所 属:beacon.LAB
世界ランキング:5位(2017年1月現在)

両親が卓球をしていたこともあり、父親が代表を務める豊田町卓球スポーツ少年団に5歳の時に入団。小学校1年生で出場した全日本卓球選手権(小学校2年生以下の部)で準優勝し、本格的に卓球の道へ。

その後福原愛の卒業校でもある青森山田高校へ入学。中学2年生で全日本卓球選手権ジュニアの部で優勝。

高校へ入学すると日本代表に選出され、2006年の全日本選手権では男子シングルス、男子ダブルス、男子ジュニアの部シングルスを制し3冠を達成し初の世界選手権へ出場。

2007年に明治大学へ進学し、翌2008年北京北京オリンピック出場。結果は団体戦5位入賞!

2012年のロンドンオリンピックではメダルを期待されていましたが、4回戦敗退。

そして臨んだ2016年リオデジャネイロオリンピック。見事に銅メダルを獲得されました!

2017年1月に行われた全日本卓球選手権では9度目4年連続優勝とまぎれもない日本のエース。

水谷隼の面白いエピソード!結婚式に離婚危機?ノーパンアニメって?

2017.03.30

水谷隼が筋肉美を披露!鍛え抜かれたその体の想定外なワケとは?

2017.03.26

丹羽孝希(にわ こうき)

生年月日:1994年10月10日(22歳)
出身地:北海道苫小牧市
身 長:162㎝
体 重:48㎏
血液型:O型
出身中学:青森山田中学校
出身高校:青森山田高校
出身大学:明治大学政治経済学部
所 属:明治大学
世界ランキング:16位(2017年1月現在)

イケメン卓球選手としても人気の丹波選手。

卓球を始めたのは卓球選手だった父親の影響で7歳から始めたようです。
小学校低学年の頃から全国大会の同学年の中ではトップクラス成績で、11歳で卓球日本代表U-18に選出。

2009年の東京選手権に出場しシニア大会で初優勝!
2011年世界ジュニア選手権大会の男子シングルで優勝。

2012年の世界卓球断定戦代表に選出され、日本の銅メダルに貢献すると、ロンドンオリンピック日本代表に選出。

ロンドンオリンピック終了後はドイツのブンデスリーガで修行を積み、2013年ついに日本No.1に!

2015年の世界選手権でシングルス・ダブルス共に銅メダルを獲得し、リオデジャネイロオリンピック日本代表に選ばれ、団体銀メダルに貢献。

丹羽孝希のかわいいと評判の笑顔やえくぼ!性格や姉は?彼女の噂も気になる!

2017.04.08

松平健太(まつだいら けんた )

生年月日:1991年4月11日(26歳)
出身地:石川県七尾市
身 長:169㎝
体 重:62㎏
血液型:O型
出身高校:青森山田高校
出身大学:早稲田大学
所 属:(ホリプロ)
世界ランキング:17位(2017年1月現在)

またまたイケメン卓球選手の登場です!なんとあの大手芸能事務所ホリプロに所属する選手。あだ名は「卓球界の王子」。

両親が卓球ショップを経営しており、5歳から卓球を始めた松平選手。
2006年中学3年生でに世界ジュニア卓球選手権男子シングルス優勝!
ジュニアながらも世界大会での日本人選手のシングルス優勝は27年ぶりの快挙。

2013年世界選手権パリ大会、北京オリンピックの金メダリストマリン選手と対戦。なんど20年ぶりに中国選手を破る快挙!

その後の準々決勝では当時世界ランキングNo.1中国のキョキン選手をも追い詰めその存在感を世界中に知らしめました。

2016年12月の世界卓球2017日本代表選考会で優勝し日本代表メンバーに。

そんな松平選手の強さの秘密はブロック守備の高さ。さらに相手のボールの回転を変化させて攻撃に転じることが出来る世界でも松平選手位しかできない技の持ち主。

そしてしゃがみ込みサーブと言われる、どこに来るか読み辛い高回転を掛けたサーブ。

松平健太の私服メガネ姿や筋肉はイケメン王子級?熱愛彼女と結婚の噂?

2017.04.07

村松雄斗(むらまつゆうと)

生年月日:1996年10月14日(20歳)
出身地:山梨県中央市
身 長:180㎝
体 重:63㎏
血液型:B型
出身中学:稲付中学校
出身高校:帝京高校
所 属:東京アート
世界ランキング:21位(2017年1月現在)

あの全日本選手権で初優勝を飾った平野美宇選手とはいとこだとう村松選手。
いとこ揃っての世界選手権代表入りですね!

そんな村松選手の特徴は180㎝の長身を生かしたカットに加え、チャンスで繰り出す強烈なフォアハンドなど攻撃力。

ドイツブンデスリーガの強豪、オクセンハウゼンでプレーして成長し、2016年ワールドツアー・グランドファイナルでは、シングルスは日本男子で唯一の8強入り。

張本智和(はりもと ともかず)

生年月日:2003年6月27日(13歳)
出身地:宮城県仙台市
身 長:167㎝
体 重:54㎏
血液型:B型
出身小学校:仙台市東宮城野小学校
中 学:北区立稲付中学校
所 属:JOCエリートアカデミー所属。

張本選手は両親が中国出身の卓球選手だったということもあり、2歳で卓球を始めたようです。始めはラケットを握った程度でしょうけど。

そんな張本選手全日本年齢別の大会で2010年~2015年まですべてで優勝!
圧倒的な強さを誇り、舞台は世界へ!
2016年世界ジュニア男子シングルス決勝で快挙!
13歳の張本智和選手が、大会史上最年少での優勝を飾りましたね!

世界卓球はシニアの大会ですので優勝は難しいと思いますが、どこまで勝ち進めるか注目ですね!

張本智和の両親や妹と帰化に中国の反応は?叫び声の意味は?

2017.04.09

世界卓球2017大会日程

▼5月29日<大会1日目>
・開会式

▼5月30日<大会2日目>
・男女ダブルス  1回戦
・混合ダブルス  1回戦~2回戦

▼5月31日<大会3日目>
・男子シングルス 1回戦
・女子シングルス 1回戦~2回戦
・男女ダブルス  2回戦

▼6月1日<大会4日目>
・男子シングルス 2回戦
・女子シングルス 3回戦
・男女ダブルス  3回戦
・混合ダブルス  3回戦~準々決勝

▼6月2日<大会5日目>
・男子シングルス 3回戦
・女子シングルス 4回戦
・男女ダブルス  準々決勝
・混合ダブルス  準決勝

▼6月3日<大会6日目>
・男子シングルス 4回戦
・女子シングルス 準々決勝
・男子ダブルス  準決勝
・混合ダブルス  決勝

▼6月4日<大会7日目>
・男子シングルス 準々決勝
・女子シングルス 準決勝~決勝
・男子ダブルス  決勝

▼6月5日<大会8日目>
・男子シングルス 準決勝~決勝
・女子ダブルス  準決勝~決勝

世界卓球2017男子シングルスシード選手

第 1シード:馬 龍(中国)ランク1位
第 2シード:樊 振東(中国)ランク2位
第 3シード:許 昕(中国)ランク3位
第 4シード:張 継科(中国)ランク4位
第 5シード:オフチャロフ(ドイツ)ランク5位
第 6シード:水谷 隼(日本)ランク6位
第 7シード:黃 鎮廷(香港)ランク7位
第 8シード:ボル(ドイツ)ランク8位
第 9シード:荘 智淵(台湾)ランク10位
第10シード:丹羽 孝希(日本)ランク11位
第11シード:チョン ヨンシク(韓国)ランク12位
第12シード:サムソノフ(ベラルーシ)ランク13位
第13シード:ゴジ(フランス)ランク15位
第14シード:フレイタス(ポルトガル)ランク16位
第15シード:松平 健太(日本)ランク18位
第16シード:アポローニャ(ポルトガル)ランク19位
第17シード:イ サンス(韓国)ランク20位
第24シード:村松 雄斗(東京アート)ランク28位
第53シード:張本 智和(日本)ランク69位

世界卓球2017男子シングルストーナメント表

トーナメント
トーナメント2トーナメント3
トーナメント5

世界卓球2017男子シングルス日本代表メンバーの組み合わせ

水谷準選手は順当に勝ち進んだ場合、山場となるのは準々決勝。リオオリンピック団体金メダルで世界ランキング3位の許 昕(中国)と対戦。

だた残念なのが2回戦で日本代表の張本智和選手との対戦になってしまいました。

丹羽孝希選手は、順当に勝ち進んだ場合準々決勝で世界ランキング2位の樊 振東(中国)と対戦。

村松雄斗選手4回戦で世界ランキング1位の馬 龍(中国)と対戦。

松平健太選手4回戦で世界ランキング3位の許 昕(中国)と対戦。

男子シングルス・ダブルスの試合結果はコチラからどうぞ
icon-arrow-circle-right世界卓球2017男子の結果速報!日程や組み合わせと日本代表選手情報も

最後に

水谷準選手、松平健太選手以外の3選手がまだ20代前半と、若手選手層の厚い日本男子卓球界。
しかも、丹羽孝希選手、村松雄斗選手共に世界ランキングは20位前後とトップ10入りを狙える位置につけていますね。

男子テニスを比べると卓球界の層の厚さが際立っています。

若手選手が大舞台で経験と自信を積み上げ、更なる成長を遂げ、東京オリンピックででどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

まずは世界卓球2017、水谷隼選手の金メダルそしてガッツポーズを再び!





Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。