全豪オープンテニス2017ドロートーナメント表!錦織圭ブロック組合せは?

2017年最初のテニスグランドスラム、全豪オープンテニス2017が1月16日からいよいよスタートしますね。

先日行われたブリスベン国際2017では、惜しくも準優勝。
準決勝でワウリンカを破っての準優勝なだけに、左臀部の回復度合いが気になりますが、テニスの調子自体は良さそうです!

ここでは全豪オープンテニス2017のドロー、トーナメント表が発表されましたので、錦織圭選手の組合せやブロックの紹介、そして勝手ながら錦織圭選手の結果予想などしてみます!




Sponsored link

全豪オープンテニス2017男子シングルスシード選手

まずはシード選手情報!
錦織圭選手は第5シード。昨年世界No.1に上りつめたアンディ・マレー選手が第1シードでジョコビッチ選手は第2シード。

注目の怪我から復帰したロジャー・フェデラー選手が第17シードとなっています。

破天荒な言動でファンも多い、地元オーストラリアのニック・キリオス選手は第14シード。

第1シード:アンディ・マレー(イギリス)
第2シード:ノバクジョコビッチ(セルビア)
第3シード:ミロスラオニッチ(カナダ)
第4シード:スタンワイリンカ(スイス)
第5シード:錦織圭(日本)
第6シード:ガエル・モンフィス(フランス)
第7シード:マリン・チリッチ(クロアチア)
第8シード:ドミニク・ティエム(オーストリア)
第9シード:ラファエル・ナダル(スペイン)
第10シード:トマス・ベルディバ(チェコ)
第11シード:ダビド・ゴフィン(ベルギー)
第12シード:ジョージウィルフライ・ツォンガ(フランス)
第13シード:ロベルト・バウティスタ(スペイン)
第14シード:ニック・キリオス(オーストラリア)
第15シード:グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
第16シード:ルーカス・プイユ(フランス)
第17シード:ロジャー・フェデラー (スイス)
第18シード:リシャール・ガスケ(フランス)
第19シード:ジョン・イスナー(アメリカ)
第20シード:イボ・カロビッチ(クロアチア)
第21シード:ダビド・フェレール(スペイン)
第22シード:パブロ・クエバス(ウルグアイ)
第23シード:ジャック・ソック(アメリカ)
第24シード:アレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)
第25シード:ジル・シモン(フランス)
第26シード:アルベルト・ラモス=ヴィノラス(スペイン)
第27シード:バーナード・トミック(オーストラリア)
第28シード:フェリシアノ・ロペス(スペイン)
第29シード:ビクトル・トロイキ(セルビア)
第30シード:パブロ・カレノブスタ(スペイン)
第31シード:サム・クエリー(アメリカ)
第32シード:フィリップ・コールシュライバー選手(ドイツ)




Sponsored link

全豪オープンテニス2017男子シングルスドロー表

1月13日に組合せ抽選が行われ、トーナメント表が決定しました。

錦織圭選手の1回戦の対戦相手は世界ランキング48位ロシアのクズネツォフ

錦織圭選手は第1シードのアンディ・マレーのブロック入っており、順当に勝ち上がれば準々決勝、ベスト4決めで対決

しかし準々決勝まで勝ち上がるのも中々厳しいブロック。

とういうのも史上最多を誇る通算17回のグランドスラム優勝を誇る
第17シードのロジャーフェデラーとベスト8決め(4回戦)で戦う可能性があるからです。

シード選手が順当に勝ち進んだ場合の準々決勝の組み合わせ

・マレーvs錦織圭
・ワウリンカvsチリッチ
・モンフィスvsラオニッチ
・ティエムvsジョコビッチ

最後に

絶対王者、フェデラー率いる、そしてジョコビッチの時代を終え、今はマレーの時代に。

マレーが一強時代を作るのか?それともジョコビッチが盛り返すのか。

それとも、ワウリンカ、ラオニッチ、錦織圭が新たな時代をつくるのか。

新たな時代を作ってくれる事に期待したいですが、錦織圭、まずはグランドスラムで1勝!

トップに君臨している選手で無冠なのは錦織圭選手。

錦織圭!一刻も早くグランドスラム制覇を見てみたいですね!




Sponsored link