フィギュアスケートにかかるお金って?親の職業は?一般家庭では厳しい?

間もなく開催される平昌オリンピック、注目は何といってもフィギュアスケートですよね。

そんなフィギュアスケートに憧れるお子さんも多いかと思いますが、もし自分の子供が「フィギュアスケート選手になりたい」と言い出したらどうしますか!?

噂ではフィギュアスケート選手にするためには莫大なお金がかかると言われていますよね。

いったいどれくらいかかるのでしょうか。

そこで今回はフィギュアスケートにはいったいどのくらいお金がかかるのか!?

平均的収入の家庭では難しいのか気になり調べてみました。

スポンサードリンク

フィギュアスケートにかかるお金が半端ない!

子供をフィギュアスケートのトップ選手に育てたいと考えた場合、かかる費用は一体どれほどなのでしょうか?

小学1年生の子供がいたと想定します。

「私、浅田真央ちゃんみたいなフィギュアスケート選手になりたい!」

と言い出しました。

まずフィギュアスケートを始めるにはスケート靴が必要ですよね。

そのスケート靴のお値段はだいたい5万円~10万円と言われています。

さらに靴の刃であるエッジと呼ばれるものですがこれがだいたい5万円

小学生はノービスクラスと呼ばれています。

スケート靴は購入したので、フィギュアスケート教室ノービスクラスへ通わせることにします。

ノービスクラスの費用はだいたい1ヶ月20万円で1年間通わせて240万円です。

ある程度滑れるようになったので競技会に出ることになりました。

ノービスクラスの競技会に参加するには、フィギュアスケートのクラブに所属する必要があり、
クラブ登録料として50万円かかるそうです。

更に衣装代が約10万円振り付け・楽曲代で約10万円かかります。

まとまめますと、

 

【ノービスクラス1年間にかかる概算費用】
・スケート靴代(2足分)                :10万円
・エッジ代(2足分)        :10万円
・フィギュアスケート教室代     :240万円
・フィギュアスケートクラブ登録代:50万円
・衣装代            : 10万円
・振り付け・楽曲代       : 10万円
 合計          330万円

 

1年間330万円なので、小学6年生まで通った場合、1,980万円かかる計算です。

小学校を卒業した子供は、中学でも続けたいと言ってきました。

中学生はジュニアクラスと呼ばれています。

ジュニアクラスになると専属コーチをつけ、リンクを複数人で貸し切ってトレーニングすることになるそうです。

専属コーチ費用はピンキリですが、月8万円で契約し、

スケートリンクは複数人で貸し切り、1人1ヶ月4万円かかりました。

ジュニアクラスになると、スケートだけではなく、バレエのレッスンも必要にはり、

バレエレッスン代として1ヶ月10万円

スケート靴もジュニアクラスになったことから安い物は使わず、1足10万円の物に買い換え。

ジュニアトップ選手ともなると国内・海外遠征があり、衣装代が30万円、

振り付け・楽曲代で50万円、そして遠征費が100万円

この国内・海外遠征費にはコーチの旅費等も含まれるそうです。

まとめますと、

 

【ジュニアクラス1年間かかる概算費用】
・スケート靴代(2足分) :20万円
・エッジ代(2足分)   :10万円
・専属コーチ代    :96万円
・スケートリンク貸切代: 48万円
・衣装代       : 30万円
・バレエレッスン代  : 120万円
・振り付け・楽曲代  : 50万円
・遠征費       : 100万円
合計       474万円

 

1年間474万円なので、中学3年生まで通った場合、1,422万円かかる計算です。

ノービスクラス・ジュニアクラスまで努力を続け、実績を残した一握りの選手だけがシニアクラスへ転向し、オリンピック候補として活動する舞台に立てるそうです。

ここまでかかった費用は合計3,402万円です。

シニアクラスへ上がれば更に費用はかかるわけで、3年間シニアクラスに通えばノービスクラスからの合計金額は1億円近くまでいくでしょう。

尚、この金額は当然、概算ですので上下しますが、それでも、平均的なサラリーマンの年収が400~600万円と言われている中で、1年間にそれに近い金額がかかるわけですから、

いかに莫大な金額であることかはおわかりいただけたと思います。

スポンサードリンク

トップスケーターの親の職業は!?

フィギュアスケート選手にするには他のスポーツとは違い、大変な費用がかかることがわかりました。

では実際にトップスケーターとして活躍した選手達の親はいったいどのような職業なのでしょうか?

ソルトレイクシティオリンピックで5位、トリノオリンピックで4位入賞を果たした村主章枝の父親はパイロット母親は元キャビンアテンダントだそうです。

パイロットといえば平均年収2,000万円といわれていますよね。これだけの収入があればなるほどとうなずけます。

バンクーバーオリンピックで8位入賞を果たした小塚崇彦さんは、両親が元フィギュアスケート選手で、スケートクラブを経営しているわけですから環境に恵まれていたと言えます。

しかし、浅田真央鈴木明子村上佳奈子の親はそれぞれ飲食店経営のようですので、

それほど驚くような収入を得ている職業であるとは考えられません。

もしかして親の職業はあまり関係ないのでしょうか?

一般家庭でトップスケーターにするのは厳しい!?

羽生結弦選手の場合を見てみましょう。

羽生選手の父親は中学校の教頭先生で、特別何千万も稼ぐような職業ではないと思われます。

ではどのようにしてあの莫大な金額に対応したのでしょうか?

住まいは家賃5万円の賃貸物件でつつましく暮らしだったようで、ショート・フリー・エキシビジョンと3種類の衣装はまともに買えば100万円するものを、母親の手作りで対応していたそうです。

更に4歳年上の姉もコンビニでアルバイトをし、給料は自分では使わずにフィギュアスケートの経費にし、

羽生結弦自身も美容院へは行かずに母親が髪を切ったり、未だに携帯電話を持たなかったりと、ありとあらゆる節約をしていたようなのです。

衣装を母親が手作りするケースは羽生家だけではなく、荒川静香さんもそうだったようです。

荒川静香さんの父親はサラリーマンで、荒川静香のために親戚からお金を借りて繋いでいたそうです。

大学時には強化費も支給されていたそうですが、それでも足りずに荒川さんは大学卒業までアルバイトを続けていたそうです。

このように、決して一般家庭ではトップスケーターになれないというわけではありませんが、

その道のりは厳しいと言わざるを得ませんね…。

ある程度まで活躍し、有望な選手と認められなければ強化費が支給されたりスポンサーが付くことはないわけです。

いかにそこまで頑張れるかがカギとなるわけですね。

あとがき

ノービスクラスからシニアクラスまで、かかった費用は総額1億円前後といわれるフィギュアスケート。

お金のある家庭、無い家庭と、その環境は様々ですが、羽生結弦や荒川静香のようにごく一般的な家庭に育った子でも、家族の協力を得てトップスケーターになることは可能だと言うことがわかりました。

本当に必要なものは、お金よりも、本人の努力、そして、

家族の支え=親の覚悟なのでないないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク