大坂なおみの東京オリンピック出場は?国籍や両親&本名が気になる!

錦織圭選手を超えた!?205㎞の弾丸サーブを武器に、2016年の全豪オープンで3回戦に進出し、4大大会初出場で3回戦進出は実に52年ぶりという快挙を成し遂げ、一躍時の人となった大坂なおみ選手。
テニスの実力だけでなく、その風貌やしゃべり方にも注目されています。そんな大阪なおみ選手は日本人として東京オリンピックに出場が可能なのか?
気になり調べてみました。
アイキャッチ画像出典:http://sportvilogger.com/wp-content/uploads/2016/01/oosakanaomi.jpg




Sponsored link

大坂なおみの国籍は?プロフィールをチェック!


名前:大阪 なおみ(おおさか なおみ)
生年月日:1997年10月16日(18歳)
出身地:大阪府大阪市
身 長:180cm
体 重:69kg
国 籍:日本、アメリカ合衆国
プロデビュー:2013年
世界ランキング:シングルス 46位

大阪選手はまだ18歳ながら、180cmの長身を生かしたパワフルなテニスで2016年の全豪オープンで3回戦に進出しました。
大阪選手の父親はアメリカ人(ハイチ出身)母親は日本人というハーフなんです。

大阪という苗字は、住んでいた大阪府から取ったとか!?
アメリカと日本のハーフですが、現時点で国籍は、日本とアメリカの両方持っているそうです。

大坂なおみの経歴や華麗なる戦績

大阪選手は、4歳のときにお父様の仕事の都合や子育てを考えて一家でアメリカに移住します。

大阪選手がテニスを始めたのも、アメリカに渡ってすぐだそうで、家族でテニスをしていたそうです。

テニスは始めたものの、いつも家族でプレーするだけで、一般大会への出場はゼロ。家族でのプレーはいつも自分が一番年下なので、
いつも負けてばかりで、「テニスは嫌いだった」とか。

しかし、14歳のときにITF(国際テニス連盟)の大会に出場。

そして、2013年に若干16歳にしてプロに転向。それから目覚ましい活躍をみせます。

2014年7月のWTAツアーバンク・オブ・ウェスト・クラシックで、当時世界ランキング19位で全仏、全米の優勝経験もあるサマンサ・ストーサーに勝利するという大金星をあげました。

年齢制限のなくなった2015年11月からは、世界中のテニスツアーに積極的に参戦し、さらに実力を磨いていきます。

2016年の4大大会では、全豪、全仏、全米と3大会でいずれも3回戦進出という快挙を成し遂げます。
これから、ますます楽しみな選手なんです。
【大坂なおみ選手が日本人No.1土居美咲選手を撃破!】





Sponsored link

大坂なおみの姉や両親はテニスプレイヤー?

大阪選手は家族でテニスをプレーしていたと言いましたが、実はお姉様もプロテニス選手なんです。

大阪まり選手。世界ランキング440位と現在は妹よりもランキングは下ですが、かつては、妹には絶対負けない強さでなおみ選手もテニス嫌いになるほど強かったそう。
大坂まり
出典:http://d.hatena.ne.jp/HRHM/20140429/1398772189
お姉様も2014-2015シーズンでランキングを200位あげるなど快進撃を続けているのです。

いずれは、あのウィリアムズ姉妹のように、世界のトップで姉妹対決が見れたら最高ですね。

そして、大阪選手のお父様が幼少のころより大阪選手の指導を行ってきました。
お父様はプロ選手ではないのですが、熱心に、自身の考えを貫き姉妹を指導してきたとか。その結果が、姉妹ともにプロ選手ですからすごいですよね。
大坂なおみ父親
出典:http://runrunskip.com/archives/6982

大坂なおみの東京オリンピック出場は?

さて、このスケールの大きな大阪選手。嫌が応でも期待は募りますが、この先、期待することはなんでしょうか。

もちろん、いずれ4大大会制覇という大目標に向かって邁進して欲しいですが直近では、やはり2020年の東京オリンピックですよね。

いま現在は日本とアメリカの両方の国籍を持っている大阪選手ですが22歳で国籍をどちらかに選択しないならないようです

どちらを選択するのかドキドキしますが、大阪選手自身オリンピック出場を目標としていまして、オリンピックといえば、国ごとに出場枠が限られます。

アメリカはかなり選手層が厚く、一生に一度のチャンスを掴めないかもしれませんが、日本であれば、すでにランキングはトップクラスで出場できる可能性は高いと言えます

大阪選手も「日本代表として東京オリンピック出場」を目標にしていると聞きます。
嬉しいですね。出場枠という打算的な考えでなく、日本愛を感じます。

さらに支持を集めるには、カタコトの日本語をどうにかしないとと思わないでもないですが、生まれが大阪なだけあって、ユーモアにあふれるトークは、カタコトならでは。

自分のキャラクターをよく知っている、サービス精神にあふれた選手なのではないかと思います。

最後に

2016年になって、彗星のごとく現れた大阪選手。ルックスもテニスも日本人離れしていて、かつ生まれ育った大阪の雰囲気をも醸し出す和風なテイスト。
なかなか珍しいキャラクターなので、テニス以外でも注目を集めそうです。
もちろん、テニスについては2020年の東京オリンピックでヒロインになることを日本人として期待したいです。
ぜひ頑張って欲しいですね。




Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。