野口啓代の強さの秘密!トレーニング方法は?美人クライマー意外な弱点とは?

東京オリンピックの追加種目として候補に挙げられるなど、今若い世代を中心に注目を集めているスポーツクライミング。

その中で、数々のボルダリング大会で優勝し、世界一にも上り詰め世界的に有名となっているが、

フリークライマーの野口啓代(のぐち・あきよ)選手。

ルックスも抜群で、美人クライマーとしても注目されています。

今回はそんな野口選手の強さの秘密を探ってみました!

そして以外な弱点も!!

スポンサードリンク

野口啓代のプロフィール

名 前 :野口 啓代(のぐち あきよ)
生年月日:1989年5月30日
出身地 :茨城県龍ヶ崎市
身 長 :165cm
体 重 :49kg
血液型 :O型
高 校 :東洋大学付属牛久高校卒業、
大 学 :東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科中退

最強伝説!野口啓代の経歴は?

野口選手がクライミングを始めたのは小学5年生のとき。

家族旅行で訪れたグアム島でフリークライミングを体験したのをきっかけに、自宅近くにあったつくば市のクライミングジムに通い始めたようです。

そのわずか1年半後の2002年の春には、全日本ユース選手権で中高生を抜いて優勝し、話題を集めます。

その後、2008年、18歳で出場したボルダリングのワールドカップで初めて世界一となり、ボルダリングワールドカップ年間優勝!

さらに、この年から設立されたオーバーオール部門(ボルダリング、リード、スピード)で初代チャンピオンを獲得!

翌2009年もボルダリングワールドカップ年間優勝に輝き、2010年以降年間チャンピオンからは遠ざかっていましたが、

2014年再びボルダリングワールドカップ年間優勝に輝くと、2015年も年間優勝!

国内外の数々の大会で好成績を収め続けています。

野口啓代の強さの秘密!

そんな世界一まで上り詰めた野口選手の強さはなんなでしょうか?

スポンサードリンク

驚異的な柔軟性

一つ目は驚異の柔軟性!

野口選手の得意技の一つは「ヒールフック」と呼ばれる足技です。

かかとをホールドに引っ掛けることで、より安定した状態で動きの幅を広げることができます。

ヒールフックによって生み出される動きの幅広さが野口選手の強みとなっているのです!

そのヒールフックで重要となるのが股関節、ひざ、足首などの柔軟性。

野口選手の股関節は何と180度以上開き、かかとは腰につくくらい柔らかいそうです!

この驚異的な柔軟性は、毎日欠かさず2時間以上行っているストレッチから生み出されているんだとか。

身長よりも長いリーチ

クライミングで有利となるのは、身長やリーチの長さです。リーチが長ければ体を持ち上げるときに腕や指の負担が減るからです。

世界で活躍する女子クライマーは身長162cm以上が有利と言われていますが、野口選手の身長は165cmと理想的。

しかもリーチの長さは身長よりも長いそうですので、トップクライマーの中では身長も高く、リーチも長い。

それは取れるホードルの幅は他の選手よりも広いということですね!

指の保持力

クライミングでは指の第一関節にも満たないホールド(つかむ突起物)もあり、そのホードを掴むためには、

指の力もとても重要。

一般女性の握力は平均28㎏なのに対して、野口啓代選手はその倍!

56kgもあるんです!

クライミングが上手くなりたかったら身長はどうにもならないでの2点。

「柔軟性」+「保持力(指・握力)」を鍛えればいいんですね♪

≪野口啓代のカッコよさがわかるクライミング動画≫

野口啓代のトレーニングがヤバい!

そんな野口選手はどうやってその強さを手に入れたのでしょうか?

野口選手は父親が自宅にある牛舎を改造して作ったボルダリングのトレーニングルームで中学生の頃から、

そこで毎日クライミングをしていたそうです。

「日本で一番広いプライベートジム」と呼ばれる大きなジムを敷地内に作っちゃうなんて、父親もタダモノではないですよね。

野口選手の一日のトレーニング内容は、まず入念なストレッチから始まり、3~4時間クライミング。

その後は1時間の筋肉トレーニングや30分のジョギングなどをし、就寝前にまた入念にストレッチをするそうです。

実家以外では、つくばスポーレ、船橋ロッキー、川崎のPUMP2号店、横浜のB-PUMP2などをホームグラウンドとし、

その日の目標や目的によって、トレーニング内容やトレーニング場所を変えているそうです。

毎日朝から夜までこれだけの練習量をこなしているあたり、やはり世界NO1になるストイックさは凄いですね!

野口啓代の意外な弱点とは?

そんな野口選手ですが、まさかの弱点があるそうです!

同じくフリークライマーで公私ともに仲の良い野中生萌選手によると

「クライミングはめっちゃ強いけど…運動が苦手なのかな…スキップができてない。」

と、指摘されていました。

まさか!と思いましたが、本人も「とにかく運動神経が悪い」とコメントしていたので、本当のようです。

球技も苦手のようです…。

すごく意外ですが、なんだか逆に愛着がわいてきますね。

あとがき

いかがでしたでしょうか。「クライミングの女王」と称される野口啓代選手のことを知れば知るほど、

意外な面見えてきて、ますます好きになりませんか?

ぜひ東京オリンピックでの活躍も見てみたいです!

スポンサードリンク