本橋麻里が勘違いしているとは?結婚した夫や子供はいるの?

カーリングのパイオニアとして知られる本橋麻里選手。そのかわいい笑顔と明るさで日本中を元気にしてくれますよね。

そんな本橋麻里は「勘違いしている」と噂されています。いったい何を勘違いしているのでしょうか?

またどんな人と結婚したのか、子供はいるのかネット上でよく検索されているようです。

そこで今回は本橋麻里に注目してその辺りの疑問を調べてみたいと思います!
アイキャッチ画像引用元:http://blog.livedoor.jp/kinkynasty-spojyo/archives/1020553849.html

スポンサーリンク




本橋麻里のプロフィール

名 前 :本橋麻里(もとはし まり)
愛 称 :マリリン
生年月日:1986年6月10日生まれ
出身地 :北海道常呂群常呂町
身 長 :160cm
体 重 :56kg
血液型 :A
利き手 :右
趣 味 :散歩、メール、映画鑑賞
尊敬する人物:母
学歴:北海道常呂高等学校卒
青森明の星短期大学卒
日本体育大学卒(AO入試)
所属契約:NTTラーニングシステムズ株式会社 2007年~
チーム:チーム青森 2005年~
ロコ・ソラーレ北見 2010年~

本橋麻里の経歴は?

日本女子カーリングのパイオニアとして活躍する本橋麻里のカーリングとの出会いは、12歳の時、当時の常呂カーリング協会会長の小栗裕司さんから誘われたことがきっかけのようです。

チーム青森入りのチャンスを掴む

カーリングを始めて4年後の16歳で、第13回常呂町ジュニアカーリング選手権で優勝。

翌々年の18歳で第10回日本ジュニアカーリング選手権優勝、勢いにのる本橋麻里は、同年開催された第15回世界ジュニアカーリング選手権に出場し、最下位ながらリンク内外の振る舞いが評価される「スポーツマンシップアワード」を受賞します。

ジュニア年代から頭角を現した本橋麻里は18歳で一つのチャンスをつかみます。

2005年2月、青森協会が編成する「チーム青森」から負傷選手に代わる補充というかたちで召集がかかり、第22回日本カーリング選手権に出場することになり、2位に貢献。

そのままチーム青森に帯同し、第27回世界女子カーリング選手権に出場し、本橋麻里にとっては世界のトップチームを体感する貴重な経験になりました。

同年4月、青森明の星短期大学に入学すると同時に、これまでの活躍が評価され、チーム青森に正式加入することになります。

更に社団法人日本カーリング協会の強化指定選手にも選出され、本橋麻里への期待度は一機に上昇することになります。

チーム青森に正式加入した直後のトリノオリンピック・カーリング日本代表選考会では、チーム長野を下して初のオリンピック出場を決めます。

翌年2月のトリノオリンピックは7位入賞と健闘、同年3月の第23回日本カーリング選手権優勝、同年11月の第16回パシフィックカーリング選手権は3位、翌月の2007年世界女子カーリング選手権日本代表選考会で見事代表権を獲得し、常に日本トップクラスでの活躍を続けます。

2007年、第29回世界女子カーリング選手権では4勝7敗でドイツ、ロシアと並んで8位タイという成績を残しました。

同年、3月には青森明の星短期大学を卒業し、7月からNTTラーニングシステムズ株式会社と3年の所属契約を締結し、同時にチーム青森のリーダーに就任します。

チーム青森のリーダーに就任した本橋麻里は2008年に開催される第30回世界女子カーリング選手権への出場権をかけて、第17回パシフィックカーリング選手権に出場し、最終順位2位という成績で日本チームの世界選手権への出場権を獲得という目的を達成します。

2008年第30回世界女子カーリング選手権に出場した日本代表チーム(チーム青森)は、9勝6敗で前回大会の8位から4位まで躍進する活躍を見せました。

そしてカナダから帰国した本橋麻里は、AO入試で日本体育大学へ入学します。

挫折から再起へ

2010年、トリノに続き2度目のオリンピック出場となった、バンクーバー大会では8位入賞、第32回世界女子カーリング選手権では11位と不本意な成績が続きました。

それでも現役続行を決断し、6月にはNTTラーニングシステムズと交わしていた3年の契約期間満期と同時に更に2年間の契約を締結し、2014年のソチオリンピック出場を目指すことになります。

そして本橋麻里は8月にチーム青森からの脱退と新チーム「ロコ・ソラーレ」結成を同時に表明し、地元である常呂町をホームに再起を図ろうと決意します。

こうして再起を図ろうとスタートしたロコ・ソラーレでしたが、その道は険しく、2013年、翌年開催されるソチオリンピック世界最終予選日本代表決定戦で中部電力に敗れ、3度目のオリンピック出場を逃し、2018年平昌オリンピック出場を目指してリベンジを誓うことになります。

そして迎えた2017年9月に開催された平昌オリンピック日本代表決定戦では因縁の中部電力を下し、見事にリベンジを果たして自身3度目のオリンピック出場を果たします。

スポンサーリンク
 




本橋麻里が勘違い?とは??

そんな本橋麻里についてネットで名前検索すると「勘違い」と出てきますが、これはいったい何が勘違いなのでしょうか?

それぞれ見てみると、

「本橋麻里は、写真集やDVDまで発売しているそうだ。おまけに写真集とDVD結構衝撃的な内容らしい。 完全に勘違い状態だ。そんな暇があったら練習しろ。」

「本橋麻里って勘違いですよね?某ビーチバレーの実力の無い選手みたいにマスコミに持ち上げられちゃって・・・どうでしょうか?」

「ちょっと人気が出て、写真種なんか出して勘違いしてる。」

「今日の食わず嫌いを見ててなんか腹が立ちました。魅力はカーリングをやっている姿であり石橋の体をちょくちょく触る姿を見てスポーツ選手がバラエティに出ては駄目ですよね。」

どうやら本橋麻里が勘違いしているとされる理由は、カーリングで人気が出たことによりバラエティ番組に出演したり、写真集やDVDを発売したりする、所謂メディアに露出する機会が増えたことによる事が原因のようです。

そういえば少し前にも同じような扱いをされたアスリートを何人か思い出しませんか?

例えば陸上女子マラソンの高橋尚子、女子フィギュアスケートの安藤美紀などでしょうか。

本橋麻里がメディアに露出するにはそれなりの理由があったのではないでしょうか?

カーリングというあまりメジャーとは言えない競技人口を増やすための、認知度を高める手段、または、カーリングというマイナーチームを突然立ち上げたことからスポンサーを求めるための手段として認知してもらうためという理由などが考えられますよね。

となれば、いろいろな事を言われてしまっていますが、本橋麻里、カーリングに注目を集めたことには間違いありませんね!

人気があり、成功した人は称賛の声もありますが同時にその逆も。

それが世の常なのではないでしょうか…。

本橋麻里の結婚した旦那は?子供はいるの?

そんな注目を集めた本橋麻里選手。やはり気になるのは彼氏はいるのか、結婚されているのか?

調べたところ、2012年5月3日に結婚されているようです。

バンクーバーオリンピックが終わった頃から約2年のお付き合いの後、晴れてゴールインしたそうです。

旦那さんは本橋麻里選手と同じ北海道出身の方で、カーリング関係者ではない一般男性ということです。

残念ながらそれ以上の情報は拾えませんでした。

そしてネットで検索されているのが、お子様はいるのか。

本橋麻里選手は一般男性と結婚した3年後の2015年10月19日に3725グラムの男子を出産したことを公式ブログで発表しています。

出産について本橋選手は、

「スピーディ安産でしたので、母子共に健康です。丸顔は私にそっくりで、笑ってしまいました。育児・家庭・カーリング、両立を目指し、成果が出る努力をしていきます」

と喜びと今後の決意を述べています。

本橋麻里選手のブログをみますと子育てをしながらも現役でがんばり続けている本橋選手の様子がよくわかります!

ソチでは残念ながら『ママで金』とはなりませんでしたが、平昌オリンピックで期待しましょう!

最後に

かわいいルックスと明るい性格でチーム青森の知名度だけでなく、カーリングを世に知らしめたパイオニアである本橋麻里選手。

結婚・出産を経験しても未だ第一線で頑張り続ける姿はみんなを勇気づけられますね。

「勘違い」と叩かれることもあるかも知れませんが、多くのファンが存在することもまた事実です。

平昌オリンピックで表彰台に上がり、カーリングのレジェンドとして、再びマリリン旋風を期待しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。