渡部暁斗の嫁ゆりえの経歴が凄い!オリンピック兄弟を育てた父親も気になる

2014年ソチオリンピック、個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得し、帰国と同時に山崎由梨恵さんと結婚した渡部暁斗(わたべあきと)選手。

大けがを凄い精神力で克服して見事に復活を果たした由梨恵(ゆりえ)さんと夫婦での平昌オリンピック出場が期待されているんです!

更に渡部暁斗選手は夫婦だけではなく、兄弟での出場も期待されています。

今回は渡部暁斗選手の嫁、由梨恵(ゆりえ)選手の経歴を追いながらその凄さを探り、

更に兄弟共にオリンピックに出場するまでに育て上げた父親についても探ってみたいと思います!

スポンサーリンク




渡部暁斗のプロフィール

生年月日:1988年5月26日生まれ
出身地 :長野県白馬村
身 長 :173cm
体 重 :61kg
出身高校:白馬高校
出身大学:早稲田大学
血液型 :O型
種 目 :ノルディック複合
所 属 :北野建設

【主な戦績】

小学3年生当時、長野オリンピックのジャンプ競技を見に行き、その凄さと迫力に取りつかれ、自分もあのように空高く飛んでみたいと、スキーを始めるきっかけになったそうです。

▼ノルディック複合ワールドカップ
最高順位 1位
通算成績 9勝(準優勝21回、3位17回)

▼ノルディックスキー世界選手権
2009年 リベレツ 団体 金
( 当時早稲田大学在学時で日本では14年ぶりの金メダル)
2017年 ラハティ 個人10kmラージヒル 銀(日本人20年ぶり)
団体スプリント 銅
オリンピック
2006年 トリノオリンピック(現役高校生としてオリンピック出場)
個人スプリント 19位
2010年 バンクーバーオリンピック
個人ノーマルヒル 21位
個人ラージヒル  9位
団体 6位
2014年 ソチオリンピック
個人ノーマルヒル 銀
個人ラージヒル 6位
団体 5位

そしてソチオリンピックが終わって間もない2014年5月、所属する北野建設を通じて、スキーの選手である山崎由梨恵(ゆりえ)さんとの結婚を発表されました。

そして夫婦でオリンピック出場を目指しているとのことでしたので、嫁、由梨恵さんの経歴や実力がきになり調べてみたら、ゆりえさんも世界でトップクラス!

スポンサーリンク
 




渡部暁斗の嫁・由梨恵(ゆりえ)の経歴が凄い!

渡部暁斗の結婚相手の由梨恵さんはいったいどのような人物なのでしょうか?

その経歴を調べてみたら驚きです、夫同様、世界トップレベルの実力の持ち主だったんです。

渡部ゆりえ
引用元:https://ameblo.jp/winter-lady/entry-11120194345.html
旧 性 :山崎由梨恵
生年月日:1989年1月12日生まれ
出身地 :北海道富良野市
身 長 :158cm
体 重 :52kg
出身高校:札幌第一高校
出身大学:早稲田大学
血液型 :B
種 目 :ハーフパイプ
所 属 :白馬村スキークラブ

【主な戦績】

2011-2012シーズン ワールドカップ世界ランキング21位
2012-2013シーズン ワールドカップ世界ランキング42位
2013-2014シーズン FIS(国際スキー連盟)韓国選手権 1位
2014-2015シーズン ワールドカップ世界ランキング11位
2015-2016シーズン ワールドカップ世界ランキング10位

ゆりえさんがスキーを始めたきっかけは、アルペンスキーの選手だった母親の影響が大きかったそうです。

6歳からアルペンスキーを始めたゆりえさんは、スキー競技の名門といわれる札幌第一高校へ入学。

めきめきと実力をつけ、高校3年生の時には強化指定選手に選出され、ジュニア日本代表にも選ばれるなど、正に国内TOPクラスの地位を掴みます。

この年代から国内TOPクラスですから凄いですよね。

札幌第一高校を卒業したゆりえさんは早稲田大学へ進学し、後の結婚相手である渡部暁斗と出会うことになります。

早稲田大学卒業後は、ハーフパイプで活躍していた三星マナミに憧れて、アルペンスキーからハーフパイプへ転向、2011-2012シーズンからハーフパイプでワールドカップに出場することになります。

しかし2011-2012シーズンは42位と振るわず、満を持して挑んだ2012-2013シーズンでは21位と躍進、

さあ次は!と挑んだ矢先に選手生命を脅かす右膝前十字靭帯断裂・半月板損傷という大けがを負ってしまいます。

本人は「この時、私はスキー人生の岐路に立たされて一時的に引退も考えた」と話しています。

真っ暗闇の中を歩くような日々を送る中で、ゆりえさんは一つの決断を下します。

「目の前に平坦な道と険しい道があれば、険しい道を選ぶべき。そこにはリスクが伴うけど、対策・計画・工夫・戦略といった思考を高められるし、様々な術を得ることができる。そうだ、私の信条は険しい道でも突き進む事だった。」

と、休養する中で自らを見つめなおし、再挑戦する覚悟を固めます。

ゆりえさんは苦しいリハビリを乗り越えて再び戦いの舞台に立ち、ワールドカップでは21位、42位という以前の成績から大幅に順位を上げ、2014-2015シーズン11位、2015-2016シーズン10位という好成績をあげました。

今回の大けがで競技を諦めて引退を決断することなく、逆に休養を、自分と向き合い見つめ直す良いきっかけに変えてしまうあたりが、ゆりえさんは凄い精神力の持ち主であることを証明しましたね。

大けがから復活を遂げたゆりえさんでしたが、もう一人の影の功労者を忘れてはいけません。

渡部暁斗選手です。

ゆりえさんの復活を影で支え続けたのは早稲田大学スキー部の同級生で大学3年から交際を続けてきた渡部暁斗選手。

ハーフパイプはソチオリンピックから正式種目とされたので、当然ゆりえさんも怪我さえなければ出場できたでしょうが、

渡部選手がゆりえさんの無念を晴らすように個人ノーマルヒルで銀メダルという活躍をみせました。

そして渡部選手がソチから帰国して2人は結婚することになります。
渡部暁斗挙式
引用元:https://ameblo.jp/maruyuri15/entry-11923993502.html

渡部選手はノルディックスキーで、ゆりえさんはハーフパイプと、お互いに最高の戦友を得て2018年平昌オリンピックを目指しています。

 

夫婦でオリンピック出場した選手

夫婦で一緒にオリンピックに出るなんて夢のような話で凄いですよね。
そこで、過去に夫婦でオリンピック出場した選手を調べてみました。

▼冬季オリンピック
1964年インスブルック 長久保文雄・初枝夫妻(スピードスケート)
2002年ソルクレートシティー 菅恭司・弘美夫妻(バイアスロン)
2010年バンクーバー 皆川賢太郎(アルペン)・上村愛子(モーグル)夫妻

▼夏季オリンピック
1964年東京 小野喬・清子夫妻(体操)
2004年アテネ 谷佳知(野球)・亮子(柔道)夫妻

 

上村愛子は結婚後も競技上の登録ネームは「上村」のままです。
この他にはバイアスロンの立崎幹人・芙由子夫妻も平昌オリンピック出場に照準を合わせていますよね。

兄弟揃ってオリンピアに育てた父親って?

ゆりえと一緒に夫婦で平昌オリンピック出場を目論む渡部暁斗ですが、実は渡部暁斗には同じくオリンピックで期待される弟がいるんです。

渡部善人選手です。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E6%B8%A1%E9%83%A8%E5%96%84%E4%BA%BA&aq=-1&ai=8AXDRCT.TJ2Yw8JG9IzAlA&ts=4635&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa#mode%3Ddetail%26index%3D2%26st%3D96

ソチオリンピックには兄の暁斗と一緒に出場し、惜しくもメダルには手が届きませんでしたが、その後の2017年ノルディックスキー世界選手権では団体スプリントに出場し、銅メダル獲得に大きく貢献しました。

そんな兄弟揃ってオリンピアに育てあげた父親も気になりますよね。

父親の名前は渡部修さん、年齢は61だそうです。

長野県出身の父親は幼い頃からスキーが大好きで、冬になると家族全員で白馬のスキー場を訪れて一日中滑っていたとか。

白馬が大好きなんですね~と思っていたら、それはそのはず!

父親は白馬村八方の麓にそびえたつ「白馬スポーツホテル テリー」というホテルの支配人をされております。

そんなスキーが大好きな父親の教育方針は、頭ごなしに言うのではなく、子供の考えを尊重することだそうです。

父親の修さんは

「やれ、とは言わないようにしてきました。何でもやってやろうという好奇心は、善人の方が暁斗よりも強かった」

と話しています。
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170304001429_commL.jpg

選手は「やらせる」のではなく、自ら「やる」意識がないと成長しないという事なのでしょう。

スキーに限らず、ジュニア年代ならどの競技にも共通したものだと感じます。

最後に

人生はいつどこで何がおこるかわかりません。

渡部選手の嫁、ゆりえさんのように選手生命が危ぶまれる大けが負った時に、どのような気持ちのコントロールができるかで方向性が全く変わってしまいます。

ゆりえさんはその逆境をチャンスに変え、新たな覚悟を決めるあたりが本当に凄いですよね。

「覚悟というベースがあれば人は強くなれる」そう話しています。

何処か心を揺さぶられるような名言を聞いた心境になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。