内村航平の食事は1日1食?トレーニング方法は?驚きの年収も!

2008年北京五輪・2012年ロンドン五輪・2016年リオデジャネイロ五輪とオリンピック3大会連続出場し、金メダル3・銀メダル4個を獲得した日本が誇る体操競技のキングこと内村航平選手

世界体操競技選手権では個人総合で前人未到の6連覇も達成しています。

このような輝かしい成績を収めてきた内村航平ですが、その肉体を司る食事は1日1食という驚きの噂が!

今回は内村航平の食事は1日1食?トレーニング方法は?そして驚きの年収まで探ってみたいと思います!
アイキャッチ画像出典:http://xn--q9jb1h748y.com/?p=3042
スポンサーリンク



内村航平(うちむら・こうへい)の身長や体重は?プロフィールまとめ

まずは内村航平選手のプロフィールをチェックしてみます。

生年月日:1989年1月3日生まれ
出身地 :福岡県北九州市
身 長 :162cm
体 重 :54kg
出身校 :みはる台小学校卒
出身中学:諫早中学校卒
出身高校:東洋高校卒
出身大学:日本体育大学卒
所 属 :リンガーハット

内村航平選手のキングたるゆえん
・オリンピック3大会出場:金メダル3個、銀メダル4個、
・世界体操競技選手権6大会出場:金メダル10個、銀メダル5個、銅メダル4個
・国際体操連盟が認定している799種類の技全てをマスターした唯一の選手

内村航平の華麗なる成績

内村航平は1989年1月3日、父である元体操選手の和久さん、母であるこちらも元体操選手の周子さんとの間に福岡県北九州市で誕生しました。

そして3歳のとき、両親が「スポーツクラブ内村」を開設し、長崎県諫早市に移住したことがきっかけで体操を始めることになります。

地元の諫早中学校を卒業し、内村航平は塚原直也に憧れて上京を決意することになりますが、このとき実は両親の反対があったそうです。

それでも内村航平は反対を押し切り、東洋高校への入学と同時に「朝日生命体操クラブ」に入部します。

東洋高校を卒業後は両親の母校である日本体育大学へ進学、2007年のユバーシアードの団体・種目別ゆかで優勝、翌年の北京オリンピック代表選考を含めたNHK杯体操選手権で2位に入賞し、初めてのオリンピック出場を決めます。

北京オリンピックでは日本人選手としては史上初の10代での男子個人総合銀メダルを獲得、男子団体では銀メダル獲得に貢献しました。

20歳の時の2009年、ロンドンで開催された世界体操競技選手権に出場し、個人総合で日本人史上最年少初優勝を飾り、更にここから2015年大会まで何と6連覇という偉業を成し遂げます。

2011年、日本体育大学を卒業した内村航平はコナミスポーツに入社することになります。

2012年のロンドンオリンピックでは、金メダルを期待する国内外のプレッシャーの中、団体では銀メダル、個人では金メダルという素晴らしい結果を残しています。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、過去2大会は銀メダルに留まった団体でアテネオリンピック以来12年ぶりの金メダル獲得に大きく貢献、個人では演技中に腰を痛めたにも関わらず金メダルを獲得し、個人2連覇・団体との2冠達成という離れ技をやってのけました。

<個人表彰歴>
2009年 日本スポーツ賞グランプリ・朝日スポーツ賞・ビッグスポーツ賞・毎日スポーツ
人賞感動賞・JOCスポーツ賞優秀賞
2010年 JOCスポーツ賞優秀賞
2011年 日本スポーツ賞特別賞・ビッグスポーツ賞・JOCスポーツ賞優秀賞
2012年 日本スポーツ賞特別賞・ビッグスポーツ賞・ナンバーMVP賞・
JOCスポーツ賞最優秀賞・彩の国スポーツ功労賞・紫綬褒章受章
2013年 日本スポーツ賞グランプリ賞・JOCスポーツ賞特別栄誉賞
2016年 紫綬褒章受章・彩の国スポーツ功労賞
スポンサーリンク



内村航平のトレーニング方法は?

このような華麗な成績を残している内村航平ですが、どのようなトレーニングをすればこのような好成績を残せるのでしょうか?

そのキーワードは「イメージトレーニング」「筋トレはしない」でした。

イメージトレーニング

これは内村航平の幼少時代に培ったトレーニング。

内村航平は子供の頃の自分について

「子供のときはよく人形を使って、空中でひねらせたり、着地の仕方などをイメージして遊んでいました。」

つまり人形を使ってイメージトレーニングをしていたんですね。
自分でひらめいた技や、やってみたい技を人形を使ってイメージし、実際に自分でやってみて演技中にどこにいて、どのような状態なのかがわかるようになったそうです。
内村航平

筋トレはしない

内村航平は、筋力トレーニングについての質問に

「筋トレとかはほとんどしないです。筋肉は体操だけで自然につきます」

と答えています。

確かにスポーツの競技によって筋肉の付け方が違ってきます。

サッカーやバスケットボールのような身体の接触が伴う球技、空手や柔道のような格闘技、水泳、陸上、それぞれ筋肉の付け方は違います。

筋肉は体重の増加につながります。体操の場合、あん馬・吊り輪・ゆかなどどれも自分の体重を支えることが重要になり、つまり筋肉で必要以上に体重が増加してしまうと演技に影響が出ることが考えられます。

体操に求められるのはパワーではなく演技力です。

このように考えると内村航平の「筋トレはしない。筋肉は体操で自然につく」という説明は納得できますよね。

内村航平の驚愕の食事管理方法!

では内村航平の食事管理はどのようなものなのでしょうか?

内村航平は自身の食事について次のように答えています。

「1日1食しか食べないんですよ。基本、夜だけ」

えっ!?マジっすか!? 驚きです。

あの内村航平は1日1食なんて嘘みたいです。

本人によればそれでも力が出ると話しています。

その食事もチョコレートやバナナだけだったりするそうで、好きな物しか食べないということですからかなりの偏食のようです。

チョコレートと言えば以前にブラックサンダーが大好きだと公言し、爆発的に売れたという事がありました。

この偏食が体操競技に効果をもたらすのか?と疑問に思えますが、これについては医学博士の石原結實さんが説明しています。

「色白で細身の内村選手は、元来の体質が“陰性体質”。自分の本能に従って体を冷やす野菜を避け、陽性にするチョコレートを好んで食べていたんです。それが体調管理につながり、競技に好影響を与えたのでしょう」

漢方では人の体質を、冷え性の“陰性体質”と、温かい体温の“陽性体質”に分けているそうですが、内村航平は正に陰性体質というわけですね。

ただ、結婚後は食生活が変わったのか、

奥様の千穂さんは「野菜嫌いだったので。なるべく野菜をとってもらうように」と食生活に気を付けているようで、

内村航平選手の好きな料理はカレーで毎日でもいいと言っているようです。

さすがに、1日1食でチョコレートやバナナということはないようですね。

しかもスポンサーが食を提供しているリンガーハットであればなおさらのような(笑)

内村航平の驚きの年収とは!

このような輝かしい成績を収めてきた内村航平ですが、その年収も気になるところです。

プロ転向前のコナミでの年収はどうだったのでしょうか?

コナミから2000万円プラスボーナス、報奨金1500万円、そこにJOCや日本体操協会からの選手強化費、JOCが行うシンボルアスリートの契約金などを合わせて約8000万ほどだったそうです。

これに対して水泳の北島康介さんは当時、コカコーラ1社だけで1億円を超えており、その年収は5億円といわれていました。

同じくオリンピックで活躍したテニスの錦織圭選手の2016年の推定年収は35億円ですから雲泥の差です。

プロ転向後の内村航平の年収はどのように変わるのでしょうか?

現在アシックスとリンガーハットとスポンサー契約を結んでいる内村航平ですが、年間収入は1億円を下らないことは間違いなさそうです。

今後、ユニホームにロゴを入れたり、CM出演したりとスポンサー収入が増えていけば錦織圭までは行かなくても、確実に増えていきそうですね。

最後に

オリンピックに3大会連続で出場し、金銀合わせて7個のメダルを獲得し、世界体操競技選手権で6連覇するなど数々の偉業を成し遂げた内村航平選手。

その原点にあるのは「好きなものばかり食べたほうがテンションが上がる」と自ら言うように、ストレスを溜めない生き方なのかもしれません。

プロに転向し、更なる飛躍を期待したいと思います。
スポンサーリンク