堀島行真の強さの裏に父親や上村愛子の存在が!姉と目指すものとは?

2017年札幌で開催されたアジア冬季競技大会、モーグルのシングル・デュアル2種目で金メダルを獲得、直後の世界選手権でもモーグルのシングル・デュアル2種目で金メダルを獲得するという偉業を達成し、惑星のように現れたフリースタイルスキー・モーグル堀島行真(ほりしま・いくま)選手。

その強さの裏には父親や上村愛子の存在があったそうです。今回はその父親や上村愛子が堀島行真にとってどのような存在だったのか?
そして同じくフリースタイルスキーで活躍する姉と共に目指すものを探ってみたいと思います!




スポンサーリンク

堀島行真の身長や体重は?プロフィールチェック!

名 前 :堀島行真(ほりしま・いくま)
生年月日:1997年12月11日生まれ
国 籍 :日本
所 属 :中京大学
出身地 :岐阜県揖斐郡池田町
身 長 :166cm
体 重 :54kg
家 族 :父・母・姉の4人家族
出身中学:池田町立池田中学校卒
出身高校:岐阜第一高等学校卒

堀島行真金メダルまでの歩み

堀島行真が初めてスキー板に触れたのがなんと1歳とのこと。
両親の影響を受けたことがきっかけで始めたスキーですが、モーグルに本格的に取り組みだしたのが小学校4年生の時。

父と二人三脚でどんどん上達した堀島行真は中学3年の2012年夏季全日本ウォータージャンプ選手権ビッグエアに出場して優勝を果たします。

そして池田中学校を卒業後は、スキーの強豪である岐阜第一高等学校へ進学し、高校2年の世界ジュニア選手権デュアルモーグルでは7位入賞、翌年の高校3年では2015-16国際スキー連盟、フリースタイルスキー・ワールドカップ開幕戦デュアルモーグルで3位入賞を果たし、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されることになります。

岐阜第一高等学校を卒業後はフィギュアスケートの浅田真央・安藤美姫などが卒業したことで有名な中京大学スポーツ科学部に進学することになります。

夏場などはフリーウエイトバー、ドームバランス、着地のサーキットトレーニングなど、体幹やバランスを強化する陸上トレーニングを中心に行い、「ダブルフルツイスト」(伸身後方1回転2回ひねり)と、「コーク1080(テンエイティー)」(体を水平に傾け3回転)の二つの高難度の技を習得したりと、着実に力をつけていくことになります。

そして2017年アジア冬季競技大会の日本選手団入りを果たし、モーグルシングル・デュアル共に金メダル獲得、ほどなく開催されたフリースタイルスキー&スノーボード選手権に日本代表として出場、

モーグルシングル・デュアルとここでも共に金メダルを獲得し、ダブル2冠達成の偉業を成し遂げました!




スポンサーリンク

堀島行真の強さの影には父親や上村愛子の存在が!

このような歴史的快挙を達成した堀島行真選手の強さの裏には父親の存在が大きいようです。

堀島行真の父親である行訓さんはモーグルの選手?

ではなく小学校の教員をしているそうです。

いつも父行訓さんと二人三脚でトレーニングに励み、雪のない季節にはウォータージャンプ場に通い詰め、1日50本以上飛び、その影響で肋骨を折るケガをしたにも関わらず飛び続けていたということですから並の精神力ではありません。

練習から帰宅するとすぐさま行訓さんが撮影したビデオで検証し、気がついた点を日記に残す、これが「ウォータージャンプ日記」です。

その後も練習や大会などは行訓さんがビデオで撮影し、それを堀尾行真が確認して気がついた点を日記に残す作業は続いており、ビデオのDVD枚数は100枚を超えているそうです。

父、行訓さんは

「ダブルツイストやコーク1080など武器を操れるようになったのも小学時代の練習と日記が根底にある」

と話しています。

この小学校時代の特訓と練習日記が今の”エアの申し子”と言われるようになった根源ですね。

中学に入ると、同じく雪のない季節には駐車場が特訓場に様変わりし、トランポリンを設置して練習に励みました。堀尾行真の空中感覚はこの特訓場と化した駐車場で身に付いたのでしょう。

堀島行真の強さの影には自分の事のように一生懸命になってくれる父行訓さんの存在があったんですね。

そしてもう一人の欠かせない人物が上村愛子さんの存在です。
堀島行真
画像引用:http://www.tv-tokyo.co.jp/snowjapan2017/news/images/170310_01.jpg
堀島行真はナショナルチームで海外合宿を共にした上村愛子さんにについて

「すごい人すぎてしゃべれなかった。モーグル・イコール上村愛子さんみたいな」

と尊敬の眼差し?かわいいこと言っちゃってくれますね♪

そんな上村愛子から思いもよらないプレゼントが届くことになります。

それが、上村愛子自身も愛用していたウォータージャンプ用の練習板です。

この練習板の最大の特徴は板に穴が空いており、水に落ちても衝撃が軽減され、身体への負担が和らぐというメリットがあるそうです。

実際に使用した堀島行真は「腰や膝の負担にならない。とてもいい」と語っています。

そして上村愛子からは「痛いのがちょっとでも治ったり楽になったりするといいね」と憧れの選手からの優しい言葉もかけられたようですよ!

もうやるっきゃない!ですね。

1日50本以上も飛ぶ堀島行真にとっては大変ありがたいプレゼントだったに違いありません。

堀島行真が姉と目指すものとは?

堀島行真は今後の目標について「オリンピックこそが一番の目標」と語っています。

15歳という若さで初めて日本代表入りした際には、すぐには結果が出ませんでした。

そこで先輩から学んだのが「攻める姿勢」

堀島行真が優勝した世界選手権では、この攻めの姿勢で最速タイムをマークしたといいます。

平昌オリンピックでも攻めて勝ちたい、堀島行真はそう話しています。

そして姉の有紗さんも同じ五輪に出ることを目標に掲げています。

有紗さんは小学校6年でモーグル競技と出会い、今では全日本選手権の出場権もとり、日本のトップグループで活躍するフリースタイルスキー選手です。
堀島行真
第28回全日本ウォータースキージャンプ選手権ビッグエア総合で優勝した行真に次いで準優勝の成績を収める実力者です。

姉弟で平昌オリンピックに出場し、迷わずに攻めの姿勢を崩さなければ、同じ表彰台に立つことも夢ではありません。

最後に

子を思う親の気持ち、決して親のエゴではなく、本人のために親として何ができるのか。

雪の少ない季節を無駄にしないようにウォータージャンプに連れていってビデオ撮影したり、駐車場にトランポリンを持ち込み特訓場にしたりと、父行訓さんの影の支えがあってこその今なんだということがわかります。

この親子の二人三脚の物語、ちょっと羨ましく思ってしまうのは私だけでしょうか。

平昌オリンピックでは是非とも姉弟同時の表彰台を期待したいですね!




スポンサーリンク


カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。