本田真凛の新プログラム2018!使用曲や振付師は?試合予定も!

2016世界ジュニアフィギュア優勝から注目を集め、人気急上昇の本田真凜選手!

2017年はいよいよシニアに参戦します!

ジュニアのときと違い、シニアでは競技会のテレビ中継も多く行われるので、本田選手のキュートな演技を目にする機会が増えるのは、ファンとしてうれしい限りです♪

そこで、本田真凜選手の今季の試合予定使用曲など、明らかになっている内容をご紹介します!




Sponsored link

本田真凜2017ー2018 気になるプログラム使用曲

オリンピック・イヤーを控えた今シーズン、勝負のプログラムは

ショートプログラム(SP)
「ジェラシー」&「ラ・クンパルシータ」のミックス

どちらもタンゴの名曲です。時々、年齢からはおよびもつかない妖艶さを見せる本田真凜選手にもってこいの選曲。

振付はカナダ代表としても活躍したさわやかイケメン、ジェフリー・バトルさん。

[選手時代のバトルさん]

近年では、羽生結弦選手のソチオリンピックシーズンSP「パリの散歩道」やパトリック・チャン選手のSP「エレジー」など、高得点をたたき出したプログラムを構築し、話題になりましたね。

本人が「冒険してみたい」と挑戦するタンゴですが、上半身の繊細な使い方で表現力抜群の彼女にはぴったりではないでしょうか。

タンゴやフラメンコの曲は、特にスケーティングがものを言うナンバーですので、どう仕上げてくるのか楽しみです!

フリースケーティング(FS)
ジャコモ・プッチーニの「トゥーランドット」

言わずと知れた、荒川静香さんがトリノ金メダルを引き寄せた、あの曲です!

当時、クラシックになじみのない人でも音源を買うなど、社会現象になりましたね~。

このシーズンにこの曲を選択してくるところ、勝負師の血を感じます!
(ちなみに宇野昌磨選手も、引き続きこの曲を使います)。

振付はカナダの名振付家(元カナダ代表のフィギュアスケーター)、デヴィッド・ウィルソンさん。

羽生選手のソチFS「ロミオとジュリエット」のほか安藤美姫さんの「戦場のメリークリスマス」なんかもこの方の振付。

これは楽しみになってきました!

本田選手自身のインスタグラムでウィルソンさんとの仲良し2ショットも上がってますので、しっかりと滑り込んで大会に臨めるといいですね!




Sponsored link

本田真凜2017-2018 プログラム構成はどうなる?

FSの「トゥーランドット」は7月7日に開かれた「ドリーム・オン・アイス」で初披露。
本田真凜
構成はまだ変更になることもあるため、明らかではありませんが、3フリップやルッツなどのジャンプに加えて、彼女の持ち味の一つであるスパイラルシークエンスにも力を入れたプログラムになる模様。

なんと、後半には、あの「イナバウアー」を入れています。ある意味、挑戦ですね・・・。

SPプログラムも情報を入手次第、ご紹介しますね♪

応援しよう!本田真凜選手2017-2018試合予定

グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ(10/27~29)

ケイトリン・オズモンドやアシュリー・ワグナーなど、オリンピック常連組が参戦する大会。

本田選手にとっては国際大会の公式戦でプログラムの初披露の場となるので、今後を占う上で、この大会は力量を図る良い機会になりそう。

グランプリシリーズ第3戦中国杯(11/3~5)

三原舞衣選手、最後の世界ジュニアで負けを喫したライバルアリーナ・ザギトワ選手も出場しますので、雪辱戦となるか。

そのほか、以下に、出場可能性の高い大会のスケジュールをご紹介します!

グランプリファイナル2017(12/7~10、名古屋)

全部で6戦のグランプリシリーズでポイント上位の6人(または6組)だけが出場できる最終戦

何しろトップクラスの選手ばかりが集まる大会なので、どちらの大会にも2位までに入る必要があります。

そうすると、本田選手の持ちポイントは26~30のどれかになりますので、ファイナル出場が見えてきますね!

昨季の大会では現在無敵の女王エフゲニア・メドヴェージェワ選手が優勝。宮原知子選手が2位に入っています。

本田選手にも可能性は十分ありますよ!

フィギュアスケート全日本選手権2017(第86回全日本フィギュア)

続いて、これ以降の世界大会の出場権をかけた国内最高峰の戦い、全日本選手権(全日本フィギュア)にもちろん出場濃厚です。
(日程)  12/20~24
(会場)  武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)

宮原知子選手が昨年の覇者で、2位には樋口新葉、3位には三原舞衣選手が入ったように、若手選手が大きくジャンプアップできる大会でもあります。

本田選手にもぜひトップ3を狙って、現在2枠の平昌オリンピック出場権を手に入れてほしいですね。

フィギュアスケート四大陸選手権2018

(例年1月または2月開催)

昨季は三原舞衣選手の、SP4位からの大逆転優勝が話題となり、その大会名を聞いたことがある人が増えたのではないでしょうか?

アフリカ、アジア、オセアニア、アメリカの4大陸の選手が出場できる世界大会です。

出場には以下のような最低技術点が設けられています。

〈 女子シングル 〉SP 25.00 FS 45.00

本田選手はクリアラインだと思いますので、連戦の疲れが見えなければ出場の可能性は大です!

平昌オリンピック

開催国:韓国
会 場:江陵アイスアリーナ
日 程 2018年2月9日~25日

フィギュアスケート日程
・ショートプログラム :2018年2月21日
・フリースケーティング:2018年2月23日

5位以内入賞なら2月25日にエキシビション出演もあります。見逃せません!

世界フィギュアスケート選手権2018

開催国:イタリア・ミラノ
日 程:2018年3月19日~25日

オリンピックに出場していればそのまま出場の可能性が高いですが、そのほかグランプリシリーズ、全日本選手権など大きな大会での成績を加味して派遣選手が選ばれます。

最後に

ここでは本田真凜選手の2017-2018シーズンの使用曲やプログラム構成、出場試合予定をお伝えいたしました。

本田真凜選手の今シーズンは、まさにメダルを狙ったプログラム。本番に強い本田選手なので、ぜひのびのびとすべって納得のいくシーズンにしてほしいですね。メダルも付いてくればなおよし!みんなで応援しましょう!




Sponsored link