小関也朱篤が妻や子供のために稼ぐ宣言!強さの秘密は北島康介と家族愛!

北島康介選手の後継者と言われている競泳日本男子、小関也朱篤選手

名前が…よ、読めない…。と思った方も多いかもしれません。

読み方は「こせき・やすひろ」選手。
是非この記事を読んで、名前を覚えていってくださいね~!




Sponsored link

小関也朱篤の身長や体重は?プロフィールまとめ

生年月日:1992年3月14日
出身地:山形県鶴岡市
身長:188cm
体重:80kg
血液型:B型
所属:ミキハウス
種目:平泳ぎ
Twitter:https://twitter.com/kosekki14
Instagram:https://www.instagram.com/yasuhiro_koseki/?hl=ja

海外の選手と比べてみても引けを取らない大型選手。
リーチの長さはなんと2m!
大きな体を生かした泳ぎを武器に、世界で闘い続けています。

TwitterやInstagramのアカウントはありますが、あまり更新はされていないようです。

遅咲きスイマー小関也朱篤の経歴

4歳から鶴岡スイミングクラブで水泳を始めます。小さな頃から全国レベルだったという選手も多い中、小関選手はしばらく無名選手でした。

・鶴岡市立朝暘第四小学校
・鶴岡市立第四中学校
・羽黒学園羽黒高等学校
3年生 インターハイ100m平泳ぎ 第3位
・日本体育大学体育学部体育学科
2013年大学3年生の時に、それまで専門としてきた自由形から、鶴岡スイミングクラブのコーチの勧めで平泳ぎに転向します。

この決断が功を奏し、転向した翌年2014年の短水路選手権で50m・100m・200m平泳ぎ日本記録を更新し、三冠を達成!

その後も平泳ぎで北島康介選手や立石諒選手などの強敵と競いながら、ジャパンオープン・パンパシフィック選手権・日本選手権など大きな大会で優勝を重ねます。

【2014年】
・日本選手権: 100m平泳ぎ 優勝
・ジャパンオープン:100m・200m平泳ぎ二冠
・パンパシフィック選手権:100m・200m平泳ぎ二冠

【2015年】
・日本選手権:100m・200m平泳ぎ二冠

この年の200m平泳ぎ世界ランク1位に。

【2016年】
・リオデジャネイロオリンピックでは
100m平泳ぎ 第6位
200m平泳ぎ 第5位
400mメドレーリレー 第5位
メダルには届かなかったものの、出場した全ての種目で入賞!

20歳前後で平泳ぎに転向し開花した、遅咲きの小関選手。
その背景には、平泳ぎの第一人者とも言われる北島康介選手の影響が大きかったようです。




Sponsored link

飛躍の影に北島康介の存在が!

日本体育大学の先輩に平泳ぎの第一人者、北島康介選手がいます。

憧れていた北島選手の泳法を研究しまくり、効率の良い泳ぎ方を学び、急成長を遂げました。研究熱心なようです。

2013年ジャパンオープン100m平泳ぎでは北島選手と大接戦!
惜しくも敗れはしましたが準優勝。
それからの大会でも熱戦を繰り広げます。

2016年に引退した北島康介選手も小関選手には一目置いているようです。

リオオリンピック前には出場を逃した北島選手から

「思い切って頑張って来いよ」

と声をかけられ、、

「その一言が重くて嬉しかった」

と小関選手も話していました。世代交代の瞬間ですね。

北島選手の背中を追いかけ続けていた小関選手ですが、
記録を塗り替え、北島選手を超えて成長し続けています!

 

稼げるパパになる宣言!

「小関也朱篤」と検索をすると出てくるのが「結婚」
結婚しているのかと調べてみると、2014年11月22日(いい夫婦の日!)小関選手が23歳の時に入籍!

奥様は一般の方ということで、写真などはありませんでした。

食事管理などは奥様がやっているようです。
スポーツ選手の食事管理は大変そうですね。
奥様の支えがあってこその活躍もあるのかもしれませんね!

社会人1年目に入籍されたということで、学生時代からお付き合いされていたのでしょうか(^^)

結婚記念日に99本のバラの花束をプレゼントするなど、小関選手の愛妻家な様子がうかがえますね!

そして2017年8月には第一子となる女の子が生まれる予定とのこと。

「嫁がいるし、子供も生まれるので責任感がある。東京五輪の時には子供も3歳になる。それまで貯金もしつつ頑張りたい。」

と、話していました。

若いのにしっかりしていますね!

心強い一家の大黒柱、という感じですね。家族の支えでますます強くなっていきそうです。

国際大会でメダルを獲れば賞金や報奨金も出るため、メダルを獲って家族を養っていかねばなりませんね。

パパ頑張れ~!!

最後に

ずっと憧れていた北島康介選手も引退し、2017年1月に200m平泳ぎ世界記録を更新した渡辺一平選手と共に日本競泳界を引っ張っていく存在となってきた小関也朱篤選手。

日本のお家芸とも言われる平泳ぎで、家族のためにも今後の世界大会、2020年東京オリンピックの活躍にも期待です!




Sponsored link