Cロナウドの決めポーズ(ゴールパフォーマンス)の意味は? まだあるパフォーマンス!!

銀河系軍団といわれるレアルマドリードの一員でバロンドールを4度受賞し、世界最高プレーヤーと言われるクリスティアーノ・ロナウドの醍醐味といえば、

スーパーカーのように速い高速ドリブルとダイナミックなシュート、そして美しい肉体美が連想されるがちですが、そんな中でもゴールパフォーマンスをあげる人も少なくないはず!

あのゴールパフォーマンスにはどのような意味が込められているのでしょうか?そして他にもゴールパフォーマンスはあるんでしょうか?

今回はクリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスについて調べていきたいと思います!




Sponsored link

クリスティアーノ・ロナウドの決めポーズ

ゴール後の決めポーズは選手の得点の喜びであって、サッカー観戦における娯楽の一つとなっています。ゴールを決めた選手の喜びの表現を見ると、ファンも一緒に盛り上がりますよね。英語圏ではゴールセレブレーションと呼ばれるようです。

日本代表の試合を見ていても、我が日本代表選手がゴールを決めてだけで興奮するのに、更に決めポーズを見ると、スポーズバーなどでみんなで盛り上がるシーンはメディアでもよく取り上げられています。

サッカーにそれほど興味の無い人でも、元日本代表で現在はJ2横浜FCで活躍する三浦和良選手の“カズダンス”は一度は見たことがあるでしょう。

そんなふうに各選手決めポーズをやっています。選手の子供が生まれたり、チームメイトに子供が生まれたりすると、揺りかごのようなジェスチャーをすることもありますね。

C・ロナウドの決めポーズで代表的なものは”両手を下で大きく広げて仁王立ちするポーズ”です。サッカーファンなら誰もが一度は目にしたことがあると思います。

『calm down』というネーミングがあるようです。
ロナウド
https://stat.ameba.jp/user_images/20161215/17/liebeballack/9f/6d/j/o0800073813821926038.jpg?caw=800

クリスティアーノ・ロナウドの決めポーズに意味はあるの?

今のところはっきりした意味は明確になっていないようですが、様々な説の中で共通しているのが「俺はここだ!」「俺が主役だ!」という思いが込められている、というものです。

自らゴールを決めてジャンプし、両手両足を大きく開いて反転する姿からも想像できますよね。

そしてあの「ウウウウウウウウウウ!!」という雄叫びですが、スペイン紙「マルカ」の報道によれば、実は元々トレーニング中の得点やアクションで叫んでいたのが始まりだったようです。

ゴールキーパーとの対面でのシュート練習時にうまくゴールしたり、練習試合で勝利したりする度に雄叫びが響いていたようです。しかもこれはCロナウドだけではなく、他の選手達もみんなで顔を見合わせながらこの決めポーズをやっていたというのですから、さぞ賑やかだったことでしょう。

たまたまゴール数が人一倍多かったこともあり、そしてCロナウドの人気度も手伝ってCロナウドの決めポーズという認知になったと言えそうです。

最近ではJリーグ鹿島アントラーズの鈴木優磨選手がクラブワールドカップ準決勝アトレティコ・ナシオナル戦で同じような決めポーズをしたことにより、海外のメディアにも取り上げられたことが話題になり、更に小さな子供たちまでもが真似するようになり人気度は急上昇しています。

Cロナウドの世界に与える影響力を再認識させられた一こまでした。




Sponsored link

まだまだあるぞ決めポーズ

Cロナウドの決めポーズはまだあります!

赤ん坊のように親指をくわえるポーズ
ロナウド
引用:https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2017/02/GettyImages-104334632.jpg
この決めポーズは日本代表の吉田麻耶選手もやりますね。

怪獣のようなポーズ
ロナウド
引用:https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170225/554995.html
まるで我が子をあやすようなポーズに見えます。

考える人のようなポーズ
ロナウド
引用:http://cimg.news.sp.findfriends.jp/show_photo.php?id=228719
これも当時はすぐにメディアやファンが反応し、SNSでも決めポーズをした多くのファンが自ら投稿したそうです。
相撲取りのポーズに似ているとか、彫刻の考える人に似ていると話題になりました。

物議をよんだポーズ
ロナウド
引用:https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2015/03/467284178-500×333.jpg
バルセロナとの試合で同点ゴールを決めた後に相手サボーター前で「静まれ」というようなポーズをした際に、バルセロナのテバス会長が「挑発的な行為」と忠告しています。

ビヨンセダンス?ポーズ
ロナウド
https://toda.sg/wp-content/uploads/2014/05/cri-rona-goal-performance.jpg
これは2014年のチャンピオンズリーグで1大会15点という最多得点記録に並んだ瞬間の決めポーズと言われていますが、SNSでは「完全にビヨンセと一致」という書き込みが殺到しました。よく見ると、手で「15」と作っています。

そして上半身裸のポーズも♪

最後に

サッカー選手のゴール後の決めポーズは、見ている私たちからすれば楽しみの一つの要素といえます。そして決めポーズをする選手の側からすれば、喜びの表現とファンへのメッセージが込められていることも事実です。

例えば、
○我が子や、チームメイトに子供が生まれれば「ゆりかごダンス」
○日本代表の長友選手は婚約者へ手で「ハート」を表現
○イブラヒモヴィッチはユニフォームを脱ぎ、世界中で飢餓に苦しむ50名の名前が 入ったタトゥーを披露。
○2009年8月、イニエスタとユース時代から親交の深かったダニ・ハルケが26歳の若さで急死しました。イニエスタはゴール後、雄叫びをあげながシャツをまくりあげ、
そこにはスペイン語で「ダニ・ハルケ 僕たちは永遠に一緒だ」と書かれていました。

みんな様々な思いを胸に戦っていることがわかります。
選手達はそんな思いを言葉ではなく、決めポーズでファンに察してほしいのでしょう。

私たちもファン同士で「今の決めポーズにはどんな意味が込められているのか?」と語りあう事で意見を出し合い、また違ったサッカーの楽しみ方もできますね!




Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。