高野綾がかわいい!高校や大学は?経歴や私服画像も!

寺川綾選手や渡部香生子選手、今井月選手、五十嵐千尋選手など美女アスリートが多い競泳選手の中でも浅田真央似のかわいい笑顔が印象的な高野綾選手。

7月から始まる第17回世界水泳選手権女子4×200mリレーのメンバーにも内定された注目の高野選手とは一体どんな女性なのか?

まだまだインターネットでも情報が少ない高野選手の経歴や戦歴、素顔を紹介します。

高野綾の身長や体重は?プロフィールをチェック

名 前 :高野綾(たかの あや)
生年月日:1994年3月14日
出身地 : 大阪府茨木市
身 長 :165cm
体 重  :54kg
血液型 :A型
自己記録:200m自由形1分59秒45
400m自由形4分09秒82

高野選手は幼稚園の頃から水泳を始め、中学2年生の春、トップスイマーを何人も輩出している名門、イトマンスイミングスクールに移籍。

その移籍をきっかけにバタフライから自由形に転向したことで才能が開花し始めました。

高野綾の高校や大学は?経歴や戦歴まとめ!

近畿大学付属高校2年時には、日本短水路選手権400m自由形で初優勝すると、3年で迎えた国際大会代表選手選考会では代表こそ逃したものの400m自由形で1位を獲得。

同年に行われた、自信初の国際大会リマ世界ジュニア選手権では200m自由形で4位、400m自由形で4位とメダルまであと一歩というところまで迫りました。

2012年3月のJOCジュニアオリンピックでは、200m自由形でイトマンの大先輩である千葉すず選手の高校記録を18年ぶりに更新し、ロンドンオリンピックの若手注目選手として一気に注目の的に!

同年4月には同志社大学に入学し、ロンドンオリンピックの選考会を兼ねる日本選手権水泳競技大会で女子200m自由形に出場。

1分59秒46のタイムで4位に入賞、標準記録を突破して4×200m自由形リレーのメンバーとしてロンドンオリンピック代表に選考されました。

ロンドンオリンピックでは、上田春佳選手、松本弥生選手、伊藤華英選手と見事なチームワークを見せ、最年少ながら実力を発揮し、8位入賞の立役者となっています。

試合後高野選手はツイッターで「ありがとうございました!決勝の舞台で泳げたことはいい経験になりとても幸せでした。反省点・課題はたくさんありますが、楽しめてよかったです!」と書き込み、充実した様子を伺わせています。

しかしリオオリンピックでは、選考会で5位という結果に泣き、2大会連続での出場を叶えることは出来ませんでした。

高野選手は試合後にツイッターで

「選考会が終わりました。応援してくださった皆さん、ありがとうございました 思うことはたくさんありますがただ一言、強くなりたい。わたしの結果を見て一緒に悔しがってくれる仲間がたくさんいて本当に嬉しかったです(^○^)今度は一緒に喜びたいから少し休んで、前を向いてまた頑張ります」

と思いの丈をぶつけ、この思いに感動したファンも多くいたそうです。

高野綾のかわいい私服姿画像

ツイッターで試合への思いや練習の様子など幅広く公開している高野選手ですが、私服姿の画像もツイッターで公開しており、ファンやメディア関係者の間でもかわいいと評判になっています。

水泳選手らしく少し肩幅は気にしているみたいですね。

 

しかしながらネイルやパンケーキなども好きなようで女子力は相当高そうです。

最後に

18歳でオリンピックの表彰台を経験したものの、次大会では選考会で敗れるといった挫折を味わったことで、さらに心身に磨きがかけられたのではないかと思います。

ロンドンでは最年少だったものの、今回の世界選手権女子4×200mのチームでは最年長として挑むことになりそうです。

ロンドンの成績を超え、表彰台の上でかわいい笑顔を披露してほしいと思います。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。