鈴木聡美の腕の筋肉が凄い!美人スイマーのトレーニング方法とは?

鈴木聡美選手は東京オリンピックに向け注目されている水泳界の中でも人気のある選手のひとりです。ルックスの良さや実績もさることながらそのキャラクターにも注目が集まっています。

今回は鈴木聡美選手のプロフィールやこれまでの成績、見た目からは想像できない筋肉のすごさなどを紹介します。




Sponsored link

鈴木聡美の身長や体重は?プロフィールまとめ!

鈴木聡美
名 前 :鈴木聡美(すずき さとみ)
生年月日:1991年1月29日
出身地 :福岡県遠賀郡遠賀町
身 長 :168.5㎝
体 重 :63㎏
中学校 :遠賀中学校
高 校 :九州産業大学付属九州高等学校
大 学 :山梨学院大学
所 属 :ミキハウス
種 目 :平泳ぎ
自己ベスト:50m:30.96(2016)
              100m:1.06.32(2009)
              200m:2.20.72(2012)

ルックスが非常に優れていてロンドンオリンピックでメダルを取ったときにはその美人っぷりに衝撃を受けた国民も大勢いたようです。

中には昭和の伝説の名女優だった夏目雅子さんと重ね合わせて語られるほどで、あまりにも美人すぎて水泳選手に見えないほどです。

鈴木聡美の経歴や成績まとめ

2歳年上の姉が水泳をやっていたことから、その影響で鈴木聡美選手も4歳の時に水泳を始めます。本格的に水泳に取り組み始めたのは8歳の時でそれ以降水泳に夢中になったようです。

しかし中学時代や高校時代には目立った実績がなく、有望な選手とはみられていませんでした。

鈴木聡美選手が大きくその才能を開花させたのは大学に入ってからになります。高校3年生の時に誘われていた東京の大学の練習に参加したついでに寄った山梨学院大学で、軽い気持ちで練習に参加したそうです

その練習が鈴木聡美選手にとって経験したことがないほどのハードさで、”自分が成長できるのはこの大学”だと直感し山梨学院大学に進学することにしたようです。

高校時代全く無名だった鈴木聡美選手は大学に入るといきなり1年生の時に学生選手権100M平泳ぎで1分6秒32という驚異的な日本記録を樹立し優勝!

2010年の日本選手権では平泳ぎの50m、100m、200mの3冠を達成。

そして迎えたロンドンオリンピック選考会の2012年日本選手権で、100mと200mで優勝し見事ロンドンオリンピックの出場権を獲得します。

ロンドンオリンピックでも鈴木聡美選手の勢いは止まらず女子100m平泳ぎで1分06秒46で銅メダルを獲得。
女子200m平泳ぎでは2分20秒72の日本タイ記録をたたき出し銀メダルを獲得しました。
さらに鈴木聡美選手は女子400mメドレーリレー決勝で平泳ぎの選手として出場し、チームは日本記録を樹立、銅メダルの獲得に貢献!

同一大会でのオリンピックメダル3個獲得は日本の競泳女子としては史上初の快挙でそれまで水泳ファンに知られていなかった鈴木聡美選手はそのルックスも相まって一気にシンデレラストーリーを駆け上がりました。

その後スランプに陥りながらも復活し、リオオリンピックにも出場。メダル獲得こそならなかったものの、次の東京オリンピックを目指しメダル獲得に対する想いを強く持っていることでしょう。




Sponsored link

鈴木聡美の腕の筋肉が凄いと話題に!

鈴木聡美
鈴木聡美選手は綺麗な顔に似合わずムキムキのどでかい筋肉を持っています。筋肉がすごいと言われる水泳選手の中でも鈴木聡美選手の筋肉は群を抜いてすごいようで、顔とのギャップも相まって話題になることが多いですね。

鈴木聡美のトレーニング方法って?

鈴木聡美選手のトレーニングは高校のころまでは午前中のみの練習だったのが大学に入ると午前、午後そしてウエートトレーニングを始めたということです。そのハードな練習環境が今の鈴木聡美選手の能力の高さや筋肉を作っているんでしょう。
鈴木聡美、筋肉
トレーニングの中には懸垂を行って筋肉をつけるということもしているようで、そのため鈴木聡美選手の肩回りから背中の筋肉の盛り上がり具合が他と比べても特に大きな筋肉になっているんだなと思います。

鈴木聡美はゲームオタクとしても有名

これまた意外ですが鈴木聡美選手はゲームオタクとしても有名なんです。「戦国BASARA」というゲームが特にお気に入りで、将来の夢として声優と言ったこともあるなどかなりのオタクと言ってもいいかもしれません。熱愛のうわさなどもあまり聞かないので2次元の世界に興味があるタイプなのかもしれませんね。

最後に

鈴木聡美選手は綺麗な顔をしたルックスの良さからは想像できない意外さを持った魅力的な水泳選手です。
東京オリンピックへの出場も目指しているということなのでそのキャラクターともども東京オリンピックでの活躍を期待したいですね。




Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。