柴崎岳がレアル戦ゴールで海外の反応は?海外移籍や少年時代が気になる!

柴崎岳選手と言えば鹿島アントラーズ所属で日本代表に選出されたこともあるイケメンサッカー選手。
そんな柴崎岳選手が、2016年12月18日に横浜国際総合競技場で開催された“FIFAクラブワールドカップ”の決勝で2016年のUEFAチャンピオンリーグ王者のレアル・マドリード相手になんと2ゴール!

日本のサッカーファンはもちろん世界中から注目を集めたようです!

そこで気になるはやはり海外の反応や海外移籍じゃないでしょうか。
今回は、柴崎選手に対する海外の反応海外移籍の噂経歴や少年時代についてまとめてみました。
アイキャッチ画像出典:http://topicks.jp/26767




Sponsored link

一夜にして世界の注目の的に!クラブワールドカップ決勝で2ゴール!

柴崎岳
出典:http://images.performgroup.com/di/library/Goal_Japan/67/b6/2016-12-19-kashima-shibasaki-02_yzxl35uq4cad1xl3ug0pcfmys.jpg?t=310254713&w=620&h=430

2016年12月18日に行われたクラブワールドカップの決勝、開催国王者として出場していた鹿島アントラーズは、ヨーロッパ王者のレアル・マドリードを相手に善戦!

結果としては2-4で敗れてしまいましたが、1点ビハインドの状態から決めたボレーシュートや勝ち越し弾となるミドルシュートなど、柴崎選手は印象に残る最高の働きをしてくれました!

そんな柴崎選手に対して海外のメディアの反応はというと、

「レアル・マドリードを驚かせた鹿島アントラーズのエース」

「覚えておいた方がいい日本のアンドレス・イニエスタ(スペインの強豪FCバルセロナに所属の有名選手)を」

などなど、大きな反響を呼んでいたんです。
この反響の大きさから、一晩にして柴崎選手の名前は世界中へと知れ渡ったことでしょう。

ということは柴崎選手も海外移籍??

海外紙では、

「彼自身は欧州挑戦の意思を持っており、第一希望はラ・リーガだ」

「すでにドイツクラブからオファーが届いており、意中のスペインからはラージョ・バジェカーノとヘタフェ(スペイン2部リーグ)が強い関心を寄せている」

などと移籍の可能性も示唆されているようです。

なお、鹿島アントラーズも柴崎の移籍に関しては本人の意思を尊重すると言っているので、今冬の移籍の可能性も十分にありそうです!
嬉しいような残念なようなファンにとっては複雑な心境ですね…。




Sponsored link

柴崎岳の歩んできた軌跡とは!

柴崎岳
出典:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=14649 

そんな世界でも注目を集めている柴崎選手の経歴をまとめてみました。

柴崎選手は鹿島アントラーズに、2011年から所属しており、同年4月29日のリーグ戦福岡アビスパ戦にて初出場を果たし、その後、翌年2012年10月6日のFC東京戦にてリーグ戦初ゴール!

現在ではほぼ毎試合スタメンとしてリーグ戦に出場し、エース背番号「10」を背負ってチームの主軸として活躍し、チームにとってかけがえのない存在に!

そんなチームで輝かしい活躍を見せている柴崎選手、日本代表での成績は、

2014年に選出された際には、キリンチャレンジカップのベネズエラ戦に出場をして、代表初ゴールを決めました。

その後、2015年のAFCアジアカップの準々決勝のUAE戦にも途中出場で出場し、イタリアの強豪チームACミランに所属する本田圭佑選手とのパス交換から同点弾となるミドルシュートを決めるなど大活躍!

このように所属チームだけでなく、代表チームでも大活躍なんです!

そんな柴崎選手のプレースタイルのや特徴は?

柴崎選手のポジションは守備的ミッドフィルダー、いわゆるボランチでボールカットからの攻撃を展開する役割を担っています。豊富な運動量で攻守にわたってチームを支えていますね!

また、柴崎選手の左足キックの精度はかなり高い評価を受けているようで、パスやシュートはもちろんのことフリーキックにも定評があります!

柴崎岳のルーツ!少年時代に迫る!

柴崎岳
出典:http://fundamentalism.blog54.fc2.com/blog-date-201009.html

まずは柴崎選手がサッカーを始めたきっかけですが、サッカー一家で兄2人もサッカーをしていたからのようです。

出身は、青森県上北郡野辺地町で、地元の少年サッカーチーム『野辺地SSS』に所属。当時から技術は周囲の選手よりも卓越していたようで、練習での対戦相手は同年代の選手ではなく、チームの監督だったようです。

また、常に高い目標をもって、高いレベルを目指していたようで、負けず嫌いで常に勝ちを意識していたようです。

その負けず嫌いの性格からなのか、柴崎選手の幼少時はかなりヤンチャだったようで『ケンカ』はしょっちゅうだったそうです。
(具体的なエピソードがないのでネット上の噂ですが)

小学4年生の時には試合中に感情的になりすぎて監督に途中交代を告げられたことで大号泣したこともあるようです。その後、青森で屈指のサッカー強豪校である『青森山田高校』の監督の目に留まり、付属中学である『青森山田中学』に進学。

中学2年の時にはチームの支柱として活躍していた柴崎選手ですが、全国大会では惜しくも3位という成績に終わってしまい、決して悪い成績ではないのに一人大号泣していたというエピソードもあったようです。

『青森山田高校』に進学後は、1年生から背番号「10」を背負い、翌2年生の時には『第88回全国高等学校サッカー選手権大会』で準優勝!

大会後は高校2年生ながら『鹿島アントラーズ』と仮契約とまさにエスカレーターを上がっていくの如くサッカー人生をステップアップされていっていますね!

海外移籍もステップアップのための必要な要素になり得るでしょうね。

最後に

今回は柴崎岳選手の海外の評判や移籍の噂、少年時代について調べてみました。

柴崎選手は「日本のアンドレス・イニエス」とが海外メディアにも高評価!移籍に関してもすでにドイツのクラブからオファーが来ているとのこと。

柴崎選手自身は、スペインリーグに関心をもっているようで、すでにスペイン2部リーグのクラブが関心を寄せていたとの情報も。

今回の活躍でスペイン1部リーグのクラブからのオファーなんてことも??

柴崎岳選手には今後の日本のサッカーをさらにレベルアップさせる為に、世界トップリーグ、ラ・リーガへ是非とも挑戦してほしいものですね!




Sponsored link

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。